ステップ7:ネットワークマッピングの指定

このページで

    ウィザードの[Network]のステップは、リカバーされたVMの場所と設定の変更を選択した場合に表示されます。

    ワークロードを新しい場所、たとえば、異なるネットワークセットを含む別のサイトにリストアする場合、ソースサイトのネットワークをターゲットサイトのネットワークにマップすることができます。Veeam Backup & Replicationではネットワークマッピングテーブルを使用して、インスタントVMリカバリのプロセス中に、リストアされたVMの設定ファイルを即座にアップデートします。

    リストアしたVMの接続先のネットワークを変更するには、次の手順を実行します。

    1. [Network connections]リストでワークロードを1つ以上選択し、[Network]をクリックします。

    ワークロードが複数のネットワークに接続されている場合、ワークロードを展開し、マップするネットワークを選択して[Network]をクリックします。

    1. [Select Network]セクションに、ターゲットホストまたはクラスターの接続先となるすべてのネットワークが表示されます。利用可能なネットワークのリストから、選択したワークロードがリストア後に接続されるネットワークを選択します。

    ネットワークをすばやく見つけるには、検索フィールドにネットワーク名またはその一部を入力します。その後、[Start search ]ボタンをクリックするか、[Enter]キーを押します。

    リストアしたVMを仮想ネットワークに接続しない場合、リストで元のワークロードを選択して[Disconnect]をクリックします。

    ステップ7:ネットワークマッピングの指定