開始する前に

このページで

    インスタントVMリカバリを実行するには、以下の点を考慮してください。

    • ワークロードは、正常に作成されたリストアポイントが1つ以上あるバックアップからリストアできます。
    • ワークロードを本番ネットワークにリストアする場合、元のワークロードの電源をオフにしてください。
    • リストアしたVMデータにウイルスがないかスキャンする場合は、セキュアなリストアの要件および制限事項を確認してください。

      • [Veeam Quick Migration with Smart Switchの場合] 上述のディスク容量に加えて、vPower NFSデータストアにさらにディスク容量が必要です。最小でも、リカバーするVMのRAM容量と同等の空き容量を用意してください。
      • [Nutanix AHV VMの場合] インスタントリストアしたVMの仮想ハードウェアの設定は、デフォルト値(2つのCPUコア、4 GBのRAM、および1つのネットワークアダプター)になります。デフォルトの設定を変更する必要がある場合は、VMをオフにし、必要な仮想リソースを設定します。VMをオフにする前にインスタントリカバリセッションをオフにしないでください。