ステップ8:VMの名前とUUIDの変更

このページで

    ウィザードの[Name]のステップは、リストアされたVMの場所と設定の変更を選択した場合にだけ表示されます。

    リストアされた各VMの名前を変更して、そのUUIDを維持するか変更するかを選択します。 VMの新しい名前を指定して、新しいUUIDを生成することを推奨します。これは元のワークロードが本番環境に残っている場合に競合が発生することを防ぐためです。元のワークロードが、完全に削除されるなどして存在しない場合は、名前とIDの変更は不要です。

    VM名を変更するには:

    1. [Virtual machines]リストで、VMを1つ以上選択して[Name]をクリックします。
    2. [Change Name]セクションで、新しい名前を明示的に入力するか、元のVM名に接頭辞または接尾辞を付けることで名前の変更ルールを指定します。

    VM名はリスト内で直接変更することもできます。

    1. リスト内でVMを選択します。
    2. [New Name]フィールドをクリックして、リカバーされたVMに割り当てる名前を入力します。

    リカバーされたVMの一意の識別子をVeeam Backup & Replicationがどのように処理するかも指定できます。デフォルトでは、リカバーされたVMは元のワークロードと同じUUIDで識別されます。必要な場合、リカバーされたVMに新しいUUIDを割り当てることもできます。

    VM IDの設定を表示または変更するには:

    1. リスト内で1つまたは複数のVMを選択し、[VM UUID]をクリックします。
    2. UUIDを保持するか、新しいUUIDを生成するかを選択します。

    ステップ8:VMの名前とUUIDの変更