ステップ2:ワークロードの選択

このページで

    ウィザードの[Machines]のステップで、リカバーするワークロードを1つ以上選択します。

    ワークロードを選択するには、以下の手順を行います。

    1. [Add]をクリックします。
    2. ワークロードを参照する場所を選択します。
    • From infrastructure — 仮想環境を参照し、リストアするワークロードまたはワークロードコンテナを選択します。ワークロードコンテナを選択すると、Veeam Backup & Replicationによってそのワークロードコンテナがワークロードのプレーンリストに展開されます。

    ワークロードをリストに追加すると、Veeam Backup & Replicationにより最新のリストアポイントに関する情報が[Restore point]列に表示されます。追加したワークロードのためのリストアポイントがない場合、Veeam Backup & Replicationにより、このワークロードの隣に警告が表示されます。

    • From backup — 既存のバックアップを参照し、バックアップジョブの下のワークロードを選択します。
    1. [Add]をクリックします。

    作成されたバックアップ内でワークロードをすばやく検出するには、ウィザードの[Machines]ステップで検索フィールドを次のように使用します。

    1. 検索フィールドにワークロード名またはその一部を入力します。Veeam Backup & Replicationにより、一致した項目が表示されます。
    2. ワークロードがリスト内にない場合、[Show more]リンクをクリックしてバックアップを参照します。

    ステップ2:ワークロードの選択