Hyper-V VMへのワークロードのインスタントVMリカバリの実行

このページで

    ワークロードをHyper-V VMとしてリカバーするには、次のバックアップを使用できます。

    • Veeam Backup & Replicationで作成されたMicrosoft Hyper-V仮想マシンのバックアップ
    • Veeam Backup & Replicationで作成されたVMware vSphere仮想マシンのバックアップ

    AHV VMのHyper-V環境へのインスタントリカバリのサポートは「試験的」に導入されています。詳細については、「Veeamの試験的サポートに関する声明」を参照してください。

    • Google仮想マシンのバックアップ*

    *バックアップコピーのジョブを使用して外部リポジトリからバックアップをコピーした後。

    インスタントVMリカバリを開始する前に、前提条件を確認してください。その後、Instant VM Recovery to Hyper-Vウィザードを使用してワークロードをVMとしてリカバーします。

     

    1. Instant VM Recoveryウィザードの起動
    2. ワークロードの選択
    3. リストアポイントの選択
    4. 復元モードの選択
    5. ターゲットホストの選択
    6. ターゲットデータストアの選択
    7. ネットワークマッピングの指定
    8. VMの名前とUUIDの変更
    9. セキュアなリストア設定の指定
    10. リストア理由の指定
    11. インスタントVMリカバリ設定の確認
    12. インスタントVMリカバリの完了