レプリケーションについて

このページで

    Veeam Backup & Replicationは仮想環境用に構築されています。仮想化レイヤーで動作し、VMレプリケーションに対してイメージベースのアプローチを使用します。

    Veeam Backup & Replicationでは、VMデータを取得するためにVMゲストOS内部にエージェント・ソフトウェアをインストールすることはありません。VMをレプリケートするには、VMware vSphereのスナップショット機能を活用します。VMをレプリケートするときに、Veeam Backup & ReplicationではVMware vSphereでVMスナップショットを作成するよう要求します。VMスナップショットは、VMの特定の時点での、構成、OS、アプリケーション、関連付けられたデータ、システム状態などが統合されたコピーと考えることができます。Veeam Backup & Replicationではこの特定の時点のコピーを、データのレプリケーション用のソースとして使用します。

    多くの点で、レプリケーションは増分バックアップと同じように機能します。最初のレプリケーションサイクルの間に、Veeam Backup & Replicationはソースホスト上で実行されている元のVMのデータをコピーし、そのフルレプリカをターゲットホスト上に作成します。バックアップファイルとは異なり、レプリカ仮想ディスクは圧縮されずにネイティブフォーマットで格納されます。後続のすべてのレプリケーション・サイクルは増分です。Veeam Backup & Replicationでは最後のレプリケーション・ジョブ・セッション以降に変更されたデータ・プロックのみをコピーします。変更されたデータ・ブロックを追跡するために、Veeam Backup & Replicationではさまざまなアプローチを行います。詳細については、「変更ブロック追跡」を参照してください。

    Veeam Backup & Replicationでは、レプリケーションを、高可用性(HA)シナリオを目的としたオンサイト、または災害復旧(DR)シナリオに備えたリモート(オフサイト)のどちらで実行するかを選択できます。WANまたは低速の接続を介したレプリケーションを容易に行うため、Veeam Backup & Replicationでトラフィック送信を最適化します。重複データ・ブロック、ゼロ・データ・ブロック、スワップ・ファイルのブロック、除外されたVMゲストOSファイルのブロックなどの不要なデータ・ブロックを除去し、レプリカ・トラフィックを圧縮します。また、Veeam Backup & ReplicationでWANアクセラレーターを使用してネットワーク・スロットリング・ルールを適用し、レプリケーション・ジョブでネットワーク帯域幅をすべて消費しないように防止することもできます。

    Veeam Backup & Replicationでは、レプリケーションはジョブに基づいています。レプリケーションを実行するには、レプリケーションジョブを構成する必要があります。レプリケーションジョブは、レプリケーションアクティビティの構成単位です。レプリケーションジョブでは、いつ、何を、どのように、どこへレプリケートするかを定義します。1つのレプリケーションジョブを、1つのVMまたは複数のVMに使用できます。Veeam Backup & Replicationでスケジュールに従って自動的にジョブが実行されるように指示するか、または手動で開始することができます。

    レプリケーションの制限事項

    レプリケーションには次の制限事項があります。

    このセクションの内容