ステップ6:ターゲットホストの指定

このページで

    ウィザードの[Destination]ステップで、Veeam Backup & ReplicationによってFCDが登録されるクラスターを指定します。クラスターを指定するには、[Choose]をクリックし、仮想環境から必要なクラスターを選択します。

    FCDをクラスターに登録するために、Veeam Backup & Replicationは仮想ディスクを含んでいるvPower NFSデータストアをクラスターにマウントします。Veeam Backup & Replicationによって、クラスターのホストに電源が入っていること、Veeam Backup & Replicationがこれらのホストに接続できることが確認されます。これらのホストの1つが利用不能となっている場合は、Veeam Backup & ReplicationはこれらをFCDのリストアシナリオに含めません。Veeam Backup & Replicationは、電源の入っているホストが無い場合や、Veeam Backup & Replicationがホストに接続できない場合、FCDのリカバリプロセスを開始しません。

    ステップ6:ターゲットホストの指定