ステップ7:VMの名前とUUIDの変更

このページで

    このステップは、ワークロードを新しい場所に、または異なる設定で復元する場合に利用できます。

    ウィザードの[Name]ステップで、VMを復元する名前を指定し、VM UUIDを維持するか変更するかを選択します。デフォルトでは、Veeam Backup & Replicationでは、元の名前とUUIDが維持されます。

    VMの新しい名前を指定して、新しいUUIDを生成することを推奨します。これは元のワークロードが本番環境に残っている場合に競合が発生することを防ぐためです。元のワークロードが、完全に削除されるなどして存在しない場合は、名前とUUIDの変更は不要です。

    名前の変更

    VM名を変更するには:

    1. [Virtual machines]リストで、必要なワークロードを選択して[Name]をクリックします。
    2. [Change Name]セクションで、新しい名前を明示的に入力するか、元のワークロード名に接頭辞または接尾辞を付けることで名前の変更ルールを指定します。

    または、仮想マシンリストでVM名を直接変更することもできます。これを行うには、[New Name]フィールドをクリックして、復元されたVMに割り当てる名前を入力します。

    UUIDの変更

    VM IDの設定を変更するには:

    1. リストから必要なワークロードを選択し、[System UUID ]をクリックします
    2. [BIOS UUID Settings]ウィンドウで、新しいUUIDを生成するを選択します。

    ステップ8:VMの名前とUUIDの変更