ステップ4:ヘルパーホストの指定

このページで

    ウィザードの[Helper Host]ステップでは、ヘルパーホストとして使用するマシンを選択できます。Veeam Backup & Replicationは、マシンのディスクをバックアップまたはレプリカから、ここで選択したヘルパーホストにマウントします。または、Veeam Backup & ReplicationがVMディスクをマウントする場所として、ヘルパーアプライアンスを新たに構成することもできます。ヘルパーホストやヘルパーアプライアンスの詳細については、「Linux、Unix、およびその他のファイルシステムからの復元」を参照してください。

    ヘルパーホストを指定するには、次の手順を実行します。

    1. [Linux server]リストから、次のいずれかのオプションを選択します。
    • <ホスト名>:ヘルパーホストとして、Linuxサーバーを指定します。Veeam Backup & Replicationインフラストラクチャに追加されているすべてのLinuxサーバーが表示されます。
    • Specify a different host:Veeam Backup & Replicationインフラストラクチャに追加されていないLinuxサーバーを指定します。
    • 一時的なヘルパーアプライアンスを使用する—一時的なヘルパーアプライアンスを使用します。このオプションを選択すると、ウィザードにヘルパーアプライアンスを構成するための手順が含まれます。
    1. [[Specify different host]オプションの場合] [Linux Server]ウィンドウで、ヘルパーホストの名前と接続設定を次の手順で指定します。
    1. [Host name]フィールドで、ヘルパーホストとして使用するLinuxサーバーのIPアドレスまたはホスト名を指定します。
    2. [Credentials]リストから、ヘルパーホストへの接続に使用するアカウントを選択します。

    アカウントを事前に追加していない場合は、[Credentials]リストの右側にある[Add]ボタンをクリックして、「Linuxアカウント」に記載されている手順に従います。

    1. デフォルトのSSH設定を変更する場合は、[Advanced]をクリックし、「ログイン情報およびSSH設定の指定」の手順に従ってSSH設定を構成します。
    2. [OK]をクリックしてヘルパーホストの設定を保存します。

    ステップ4:ヘルパーホストの指定