ネットワークマッピングとRe-IP

このページで

    本番サイトと災害復旧(DR)サイトで異なるネットワークおよびIPスキームを使用する場合、一般的に、フェイルオーバーを行う前にVMレプリカのネットワーク設定を変更する必要があります。レプリカを手動で構成しなくても済むようにし、フェールオーバーのダウンタイムを最小限に抑えるため、Veeam Backup & Replicationはネットワーク・マッピングと自動IPアドレス変換に対応しています。

    ネットワークマッピング

    デフォルトでは、レプリケートされたVMは元のVMと同じネットワーク設定を使用します。DRサイトのネットワークが本番ネットワークと一致しない場合、レプリケーションジョブ用にネットワークマッピングテーブルを作成することができます。このテーブルはソースネットワークをターゲットネットワークにマッピングするものです。

    各ジョブの実行中に、Veeam Backup & Replicationにより元のVMのネットワーク構成がマッピング・テーブルに照らして確認されます。元のVMネットワークがテーブル内のソースネットワークと一致する場合、Veeam Backup & Replicationによりレプリカ構成ファイルが更新され、ソースネットワークがターゲットネットワークに置換されます。そのため、VMレプリカのネットワーク設定はDRサイトの要件により、常に最新の状態に維持されます。VMレプリカへのフェイルオーバーを選択した場合、正しいネットワークに接続されます。 

    Re-IPルール

    Microsoft VMの場合、Veeam Backup & ReplicationではVM IPアドレスの再構成も自動化されます。本番サイトのIPアドレッシングスキームがDRサイトのアドレッシングスキームと異なる場合、レプリケーションジョブ用に多数のRe-IPルールを作成することができます。

    レプリカにフェールオーバーした場合、指定したいずれかのRe-IPルールがレプリカに適用されるかどうか、Veeam Backup & Replicationにより確認されます。ルールが適用される場合、Veeam Backup & ReplicationによりレプリカのVMディスクがバックアップ・サーバーにマウントされ、Microsoft Windowsのレジストリを通してIPアドレス構成が変更されます。処理全体は1秒未満で終了します。何らかの理由によりフェイルオーバーが取り消される場合や、元の場所にフェイルバックする場合、レプリカIPアドレスがフェイルオーバー前の状態に戻されます。

    重要

    • レプリカRe-IPは、Veeam Backup & Replicationを使用してレプリカフェイルオーバーを行う場合のみ機能します。別の方法でVMレプリカの電源をオンにする場合、たとえば、vSphere Clientを手動で使用する場合などでは、Re-IPルールは適用されません。
    • バックアップサーバーOSは、処理済みのマシンのシステムディスクのマウントをサポートする必要があります。