Veeam Explorer for Oracleの使用

このページで

    Oracleシステムのバックアップまたはレプリカからデータベースを復元するには、Veeam Backup & ReplicationはVeeam ExplorerforOracleを使用します。

    重要

    Oracleデータベースを復元する前に、VeeamBackupExplorersユーザーガイドの「計画と準備」セクションにリストされている要件と制限を確認してください。主な要件の1つは、バックアップやレプリカを作成する際に アプリケーション整合性処理を有効にするなどの理由でデータベースが除外されることがあります。

    Veeam Explorer for OracleをVeeam Backup & Replicationから起動するには、次の手順を実行します。

    1. [Home]ビューを開きます。
    2. インベントリ・ペインで、[Backups]または[レプリカ]ノードを選択します。
    3. 作業領域で、必要なバックアップ内のマシンまたはVMレプリカを選択し、リボンで[Application Items] > [Oracle ]をクリックします。マシンまたはVMレプリカを右クリックし、[Restore application items] > [Oracle databases]を選択することもできます
    4. 開いたOracle Database Restoreウィザードで、データベースを復元するための復元ポイントを選択します。

    Veeam Backup & Replication はVeeam Explorer for Oracleを開きます。このエクスプローラーでは、データベースの表示、復元などを行うことができます。詳細情報は、 VeeamBackupExplorersユーザーガイドのVeeamExplorerforOracleのメインセクションに記載されています。例:

    • データベースに関する情報は、「データベース情報の表示」セクションにあります。Oracleデータベースを手動で追加することはできません。
    • Information about restoring process is in the Data Restore section.

    Oracleアイテムの復元