Veeam Explorer for Microsoft SQL Serverの使用

このページで

    Veeam Explorer for Microsoft SQL Serverを使用すると、仮想化されたMicrosoft SQL Serverの、正常に作成された任意のバックアップまたはレプリカから、データベースをリストアできます。

    重要

    Microsoft SQLデータベースを復元する前に、VeeamBackupExplorersユーザーガイドの「計画と準備」セクションにリストされている要件と制限を確認してください。主な要件の1つは、バックアップやレプリカを作成する際に アプリケーション整合性処理を有効にするなどの理由でデータベースが除外されることがあります。

    Veeam Explorer for Microsoft SQL ServerをVeeam Backup & Replicationから起動するには、次の手順を実行します。

    1. [Home]ビューを開きます。
    2. インベントリ・ペインで、[Backups]または[レプリカ]ノードを選択します。
    3. 作業領域で、必要なバックアップ内のマシンまたはVMレプリカを選択し、リボンで[Application Items] > [Microsoft SQL Server ]をクリックします。マシンまたはVMレプリカを右クリックし、[Restore application items] > [Microsoft SQL Server databases]を選択することもできます
    4. ウィザードの[Restore Point]ステップで、Microsoft SQL Serverデータベースをリストアする始点となるリストアポイントを選択します。

    Veeam Explorer for Microsoft SQL Serverを開きます。このエクスプローラーでは、データベースの表示や復元などを行うことができます。詳細情報は、VeeamBackupExplorersユーザーガイドのVeeamExplorerfor MicrosoftSQLServerのメインセクションに記載されています。例:

    • 手動でデータベースを追加する方法については、「スタンドアロン・データベースの追加」のセクションを参照してください。

    MicrosoftSQLServerアイテムの復元