Veeam Explorer for Microsoft Exchangeの使用

このページで

    Veeam Explorer for Microsoft Exchangeを使用すると、仮想化されたMicrosoft Exchange Serverの、正常に作成された任意のバックアップまたはレプリカから、Microsoft Exchangeアイテムをリストアできます。

    重要

    Microsoft Exchangeアイテムを復元する前に、VeeamBackupExplorersユーザーガイドの「計画と準備」セクションに記載されている要件と制限を確認してください。主な要件の1つは、バックアップやレプリカを作成する際に アプリケーション整合性処理を有効にするなどの理由でデータベースが除外されることがあります。

    Veeam Explorer for Microsoft ExchangeをVeeam Backup & Replicationから起動するには、次の手順を実行します。

    1. [Home]ビューを開きます。
    2. インベントリ・ペインで、[Backups]または[レプリカ]ノードを選択します。
    3. 作業領域で、必要なバックアップ内のマシンまたはVMレプリカを選択し、リボンで[Application Items] > [Microsoft Exchange ]をクリックします。マシンまたはVMレプリカを右クリックし、[Restore application items] > [Microsoft Exchange mail box items]を選択することもできます
    4. 開いたMicrosoftExchangeアイテムレベルの復元ウィザードで、アプリケーションアイテムを復元する復元ポイントを選択します。

    Veeam Explorer for Microsoft Teamsを開きます。このエクスプローラーでは、Microsoft Exchangeアイテムの表示、参照、復元などを行うことができます。アイテムレベルの復元用にアプリケーションを準備したり、Veeam Explorer for Microsoft Exchangeを使用したりする場合、詳細については、「Veeam Backup Explorersユーザーガイド」を参照してください。例:

    • バックアップファイル内のオブジェクトの表示と検索に関する情報は、[アイテムの参照、検索、および表示]セクションにあります。
    • データベースの手動追加に関する情報は、「スタンドアロン・データベースの管理セクションにあります。
    • 復元処理については、「データの復元」ので説明しています。

    Microsoft Exchangeアイテムの保存