ステップ1:New Backup Copy Jobウィザードの起動

このページで

    New Backup Copy Jobウィザードを実行するには、以下のいずれかを実行します。

    • [Home]タブで、[Backup Copy]をクリックしてプラットフォームを選択します。
      • [Virtual Machine] > Microsoft Hyper-Vバックアップ
      • Windowsコンピューターのバックアップ
      • Linuxコンピューターのバックアップ
      • [Veeam Agent for Mac backup]
      • [Solaris x86 backup]
      • [Solaris SPARC backup]
      • [AWS EC2 backup]
      • [Azure IaaS backup]
      • [GCEバックアップ]
      • [Nutanix backup]
    • [Home]ビューを開き、インベントリペインで[Jobs]を右クリックするか作業領域の任意の場所を右クリックして、 必要なオプションを選択します。
      • [Backup copy] > [Virtual machine] > [Microsoft Hyper-Vバックアップ — VMバックアップのコピーを作成する場合。
      • [Backup copy] > [Windows computer backup] — Microsoft Windowsマシン用に作成されたVeeam Agentバックアップのコピーを作成する場合。
      • [Backup copy] > [Linux computer backup] — Linuxマシン用に作成されたVeeam Agentバックアップのコピーを作成する場合。
      • [Backup copy] > [Mac computer backup] — Macマシン用に作成されたVeeam Agentバックアップのコピーを作成する場合。
      • [Backup copy] > [ Solaris x86 backup ] — Intel x86アーキテクチャに基づくOracle Solarisマシン用に作成されたVeeam Agentバックアップのコピーを作成する場合。
      • [Backup copy] > [ Solaris SPARC backup ] — SPARCアーキテクチャに基づくOracle Solarisマシン用に作成されたVeeam Agentバックアップのコピーを作成する場合。
      • [Backup copy] > [ AWS EC2 backup ] — Veeam Backup for AWSで作成されたEC2インスタンスバックアップのコピーを作成する場合。
      • [Backup copy] > [ Azure IaaS backup] — Veeam Backup for Microsoft Azureで作成されたMicrosoft Azure VMバックアップのコピーを作成する場合。
      • [Backup copy] > [ GCE backup] — Enter valueで作成されたVMインスタンスバックアップのコピーを作成する場合。
      • [Backup copy] > [ Nutanix backup] — Veeam Backup for Nutanix AHVで作成されたバックアップのコピーを作成する場合。

    ステップ1:New Backup Copy Jobウィザードの起動