ログ転送サーバー

このページで

    アーカイブログをバックアップするすべてのOracle VMに対して、Veeam Backup & Replicationでは、バックアップリポジトリにログを転送する方法を定義します。アーカイブログは次の方法で転送できます。

    • VMゲストOSからバックアップリポジトリに直接転送する。追加のリソースが不要で、VMゲストOSへの負荷も小さいため、この方法をお勧めします。
    • ログ転送サーバー経由で転送する。VMゲストOSとバックアップ・リポジトリの間で直接接続を確立することができない場合、ログ転送サーバーを使用するようVeeam Backup & Replicationを構成することができます。

    ログ転送サーバーは、バックアップインフラストラクチャに追加されたMicrosoft WindowsまたはLinuxサーバーです。ログの転送に使用するサーバーを明示的に定義することも、最適なログ転送サーバーを自動的に選択するようVeeam Backup & Replicationに指示することもできます。Veeam Backup & Replicationは、可能なデータ転送方法、およびOracle VMとログ転送サーバーの場所という2つの条件に基づいて、ログ転送サーバーを選択します。

    データの転送方法

    ログ転送サーバーは、次の2つの方法でデータを転送します。

    • ネットワーク経由。このシナリオでは、Veeam Backup & ReplicationはVMゲストOSからファイルを取得し、ネットワーク経由で転送します。
    • PowerShell Direct経由。このシナリオでは、Veeam Backup & Replicationはネットワークをバイパスし、PowerShell Direct経由でVMゲストOSからアーカイブ・ログを取得します。PowerShell Directは、Microsoft Hyper-V Server 2016以降に存在するVM、およびMicrosoft Windows 10またはMicrosoft Windows Server 2016以降が実行されているVMで使用されます。Veeam Backup & Replicationでは、PowerShell Directで機能するためにMicrosoft PowerShell 2.0以降が必要です。

    ネットワーク経由のログ転送が、デフォルトの方法です。

    ログ転送サーバーとVMの場所

    ジョブに対してログ転送サーバーを選択するとき、Veeam Backup & ReplicationではOracle VMとログ転送サーバーの場所が考慮されます。Veeam Backup & Replicationは次の優先ルールを使用して、ログ転送サーバーを選択します。

    1. ログ転送サーバーがオンホストバックアッププロキシのロールを実行しているソースのMicrosoft Hyper-Vホストにある。
    2. ログ転送サーバーとOracle VMが同じネットワークにある。
    3. ログ転送サーバーとOracle VMが別のネットワークにある(本番インフラストラクチャがバックアップインフラストラクチャから分離されている)

    つまりログ転送サーバーを選択するときに、Veeam Backup & Replicationで最も優先度が高いのはソースMicrosoft Hyper-Vホストに配置されているVMです。

    ログ転送サーバーは、ジョブセッションごとに割り当てられます。新しいジョブ・セッションが開始されると、Veeam Backup & Replicationはログ転送サーバーを新たに検出します。またVeeam Backup & Replicationは、ジョブ・セッション中に利用可能なサーバーを再検出します。何らかの理由でログ転送サーバーが使用できない場合、Veeam Backup & Replicationは別のログ転送サーバーにフェール・オーバーします。

    ログ転送サーバー重要!

    アーカイブ・ログの転送に一部のサーバーを使用しない場合は、Veeam Backup & Replicationがログ転送サーバーとして使用すべきサーバーをジョブ設定で手動で定義できます。アベイラビリティを向上させるために、多数のサーバーにログ転送サーバーのロールを割り当てることを推奨します。

    ログ転送サーバー