クラッシュ整合性バックアップ

このページで

    クラッシュ整合性バックアップは、クラッシュ整合性を持つVMイメージを作成するためのVeeam独自の方法です。クラッシュ整合性イメージは、手動でリセットされたVMの状態と比較されます。オフラインバックアップと異なり、クラッシュ整合性バックアップでは、VMのダウンタイムは必要ありません。

    クラッシュ整合性バックアップ重要!

    クラッシュ整合性バックアップでは、VMゲストOS上にあるトランザクションアプリケーションのオープンファイルのデータの整合性が保持されず、データが失われる可能性があります。

    クラッシュ整合性バックアップの手順は、Microsoft Hyper-V Serverのバージョンによって異なります。

    Microsoft Hyper-V Server 2012 R2以前

    クラッシュ整合性バックアップは、次の方法で実行されます。

    1. Veeam Backup & ReplicationHyper-VホストのVSSサービスとやり取りして、特定のVMのバックアップをリクエストします。
    2. Hyper-VホストVSS Writerにより、ボリュームスナップショットの作成が可能であることがVSSプロバイダーに通知されます。
    3. Hyper-VホストVSSプロバイダーは、リクエストされたボリュームのスナップショットを作成します。
    4. ボリュームスナップショットがVeeam Backup & Replicationに提示されます。Veeam Backup & Replicationは2つのバックアップモード(オンホストバックアップまたはオフホストバックアップ)のいずれかでボリュームスナップショットからVMファイルを読み取ります。バックアップが完了すると、スナップショットが削除されます。

    クラッシュ整合性バックアップ 

    Microsoft Hyper-V Server 2016以降

    Microsoft Hyper-V 2016以降のバージョンにおけるVMのクラッシュ整合性バックアップは、標準チェックポイントに依存しています。クラッシュ整合性バックアップは、次の方法で実行されます。

    1. Veeam Backup & Replicationが特定のVMの標準チェックポイントをリクエストします。
    2. その他のアクティビティはバックアップモードによって異なります。

    ボリュームスナップショットがオフホストバックアッププロキシにマウントされ、Veeam Backup & Replicationに提示されます。Veeam Backup & ReplicationはボリュームスナップショットからVMデータを読み取ります。バックアップジョブの完了後、ボリュームスナップショットとチェックポイントは削除されます。

    クラッシュ整合性バックアップ 

    関連トピック