スナップショットレプリカ

このページで

    スナップショットレプリカを作成するために、Veeam Backup & ReplicationはHyper-V VMスナップショット機能を使用します。

    多くの点で、スナップショットレプリカは増分バックアップと同じように機能します。最初のレプリケーションジョブを実行している間に、Veeam Backup & ReplicationはソースHyper-Vホストで実行されているVMをコピーし、フルレプリカをターゲットホスト上に作成します。このレプリカは圧縮されずに、Hyper-Vのネイティブフォーマットで保存されます。

    後続のすべてのレプリケーションジョブは増分です。Veeam Backup & Replicationは最後のレプリケーションサイクル以降に変更されたデータブロックのみをコピーします。Hyper-V VMで変更されたデータブロックを追跡するために、Veeam Backup & Replicationは、独自の変更ブロック追跡メカニズム(Microsoft Hyper-V Server 2012 R2以前に登録されたVMの場合)、またはRCT(Microsoft Hyper-V Server 2016以降に登録されたVMの場合)を使用します。詳細については、「変更ブロック追跡」を参照してください。

    レプリケーションジョブで新たに増分実行をするたびに、Veeam Backup & Replicationはレプリカの定期スナップショットをトリガーします。最後のジョブ実行以降に変更されたデータのブロックは、AVHD(X)ファイルに書き込まれます。したがって、作成されたレプリカスナップショットは、新しいリストアポイントとして機能します。

    その結果、レプリケートされたVMそれぞれに対して、Veeam Backup & Replicationはフルレプリカと一連のスナップショットまたはリストアポイントのチェーンを作成します。チェーンの最新のスナップショットは、オリジナルVMの状態を反映したものです。元のVMが何らかの理由で失敗した場合、 最新のリストアポイント、または過去のある時点へ一時的または恒久的にフェイルオーバーできます。

    Veeam Backup & Replicationは、次のタイプのレプリカファイルを作成して保持します。

    • VMのフルレプリカ(VMの設定ファイルと仮想ディスクのセット)
    • レプリカのリストアポイント(VMスナップショットファイル)
    • レプリカのメタデータ(VBKファイル)。これにはVMレプリカのダイジェストが保存されます。Veeam Backup & Replicationはこのファイルを使用して、2つのレプリカ状態の間で変更されたデータブロックをすばやく検出します。詳細については、「変更ブロック追跡」を参照してください。

    VMのフルレプリカは、そのリストアポイントとともに、ターゲットデータストアの専用フォルダに保存されます。レプリカのメタデータファイルは、バックアップリポジトリに保存されます。

    スナップショットVMレプリカの仮想ディスクは、常に動的に拡張し続けています。