TLS証明書

このページで

    Veeam Backup & Replicationインフラストラクチャを構成するときには、バックアップサーバーとMicrosoft Hyper-V Server またはストレージシステムとの間の安全な接続を確立するために使用するTLS証明書を指定できます。Veeam Backup & Replicationには、TLS証明書に対して次のオプションが用意されています。

    • Veeam Backup & Replicationを新バージョンにアップグレードする過程で、Veeam Backup & Replicationが生成したデフォルトの自己署名TLS証明書を保持することを選択できます。
    • Veeam Backup & Replicationを使用して、新しい自己署名TLS証明書を生成できます。詳細については、「自己署名証明書の生成」を参照してください。
    • 証明書ストアから既存のTLS証明書を選択できます。詳細については、「証明書ストアからの証明書のインポート」を参照してください。
    • PFX形式のファイルからTLS証明書をインポートすることができます。詳細については、「PFXファイルからの証明書のインポート」を参照してください。

    TLS証明書 注:

    独自のCAで発行された証明書を使用する場合は、証明書が次の要件を満たしているか確認してください。

    1. Digital SignatureCertificate SigningOff-line CRL SigningCRL Signingのキー使用拡張が、証明書で有効になっている。
    2. 証明書のキーの種類がExchangeになっている。