オフホストバックアップ

このページで

    一般に、SMB3共有上のVMのオフホストバックアップは、ローカルストレージやCSV上にあるVMのオフホストバックアップと似ています。オフホストバックアップ中、Microsoft VSS処理操作が、ソースのホストから専用マシン(オフホストバックアッププロキシ)にシフトされます。Veeamデータムーバーは、ソースホストではなく、オフホストバックアッププロキシに展開されます。

    オフホストバックアップを実行するには、バックアップインフラストラクチャは、次の要件を満たす必要があります。

    • オフホストバックアッププロキシを構成する。詳細については、「オフホストバックアッププロキシ」を参照してください。
    • バックアップまたはレプリケーションジョブのプロパティで、使用するオフホストバックアップ方法とオフホストバックアッププロキシを選択する必要があります。必要に応じて、特定のオフホストバックアッププロキシにジョブをポイントできます。詳細については、「オフホストバックアッププロキシの高度なオプションの構成」を参照してください。
    • オフホストバックアッププロキシのLocalSystemアカウントには、SMB3ファイル共有の読み取りアクセス権限が必要です。
    • オフホストバックアッププロキシは、SMB3サーバーと同じドメインに格納されている必要があります。または、SMB3サーバーが格納されているドメインが、オフホストバックアッププロキシが格納されているドメインを信頼する必要があります。つまり、オフホストバックアッププロキシは、信頼できるドメインに配置されている必要があります。

    オフホストバックアッププロセスは次のように実行されます。

    1. Veeam Backup & Replicationが、必要なファイル共有のシャドウコピーをトリガーします。ソースホストで呼び出されたMicrosoft VSSコンポーネントとSMB3サーバーが、要求されたファイル共有の存在するボリュームのシャドウコピーを作成し、これをファイル共有としてSMB3サーバーに公開します。
    2. オフホストバックアッププロキシのVeeamデータムーバーが、SMB3サーバー上のシャドウコピーにアクセスします。このVeeamデータムーバーはシャドウコピーからVMデータを取得し、これを処理してそのデータを宛先にコピーします。
    3. バックアップ処理の完了後、シャドウコピーは削除されます。

    オフホストバックアップ 

    関連トピック