ステップ8:ネットワークマップ表の作成

このページで

    ウィザードの[Job]ステップで[Network remapping]オプションを選択した場合、ウィザードの[Network]のステップを利用できます。このステップを使用して、VMレプリカのネットワークマッピング設定を構成できます。

    本番サイトと災害復旧(DR)サイトで異なるネットワークを使用している場合、ネットワークマッピングが役に立つことがあります。この状況では、本番ネットワークをDRサイトのネットワークにマップする表を構成できます。レプリケーションジョブセッション時にVeeam Backup & Replicationはネットワークマッピング表を毎回チェックし、VMレプリカ設定ファイルを更新して、本番ネットワークをDRサイトで指定したネットワークに置き換えます。その結果、フェイルオーバーを実行すると、VMレプリカはDRサイトの必要なネットワークに接続されます。手動でVMレプリカのネットワーク設定を再構成する必要はありません。

    ネットワークマッピング表を構成するには、次の手順を実行します。

    1. [Add]をクリックします。
    2. [Source network]フィールドの隣の[Browse]をクリックして、ジョブに追加されたVMが接続される本番ネットワークを選択します。
    3. [Target network]フィールドの隣にある[Browse]をクリックして、VMレプリカが接続されるDRサイトのネットワークを選択します。
    4. VLAN IDをネットワーキングに使用する場合は、[VLAN ID]チェックボックスを選択してソースネットワークとターゲットネットワークのVLAN IDを指定します。

    [Enable VLAN]チェックボックスを選択すると、次のようになります。

    • [Source network]セクションでVLAN IDが0である場合は、無効なVLANを含むすべてのVLANを意味します。
    • [Target network]セクションでVLAN IDが0である場合は、VLANが無効であることを意味します。
    1. VMレプリカを接続するすべてのネットワークに対して、ステップ1~4を繰り返します。

    ステップ8:ネットワークマップ表の作成