オフラインバックアップ

このページで

    オフラインバックアップ(または保存済み状態のバックアップ)は、ボリュームスナップショットを作成する前にVMを休止させるためのネイティブなMicrosoft Hyper-Vのアプローチです。このタイプのバックアップでは、ある程度のVMのダウンタイムが必要です。VMのバックアップ時に、Microsoft Hyper-V VSS WriterによってVMが保存済み状態(休止状態)になり、安定したシステムイメージが作成されます。

    オフラインバックアップ 注:

    オフラインバックアップは、Microsoft Hyper-V Server 2016で登録されたVMには適用できません。

    オフラインバックアップは、次の方法で実行されます。

    1. Veeam Backup & ReplicationはMicrosoft Hyper-VホストのVSSサービスとやり取りして、特定のVMのバックアップをリクエストします。
    2. Microsoft Hyper-VホストのVSS Writerによって、VMが数秒間保存済み状態になります。VM OSが休止され、システムメモリとCPUのコンテンツがダンプファイルに書き込まれます。
    3. Hyper-VホストのVSSプロバイダーが、VMディスクが配置されているボリュームのスナップショットを作成します。VMが通常の状態に戻ります。
    4. ボリュームスナップショットがVeeam Backup & Replicationに提示されます。Veeam Backup & Replicationは2つのバックアップモード(オンホストバックアップまたはオフホストバックアップ)のいずれかでボリュームスナップショットからVMデータを読み取ります。バックアップが完了すると、ボリュームスナップショットが削除されます。

    本番環境では、オフラインバックアップが適さない場合があります。オフラインバックアップではVMのダウンタイムが発生し、トランザクションレベルの整合性のあるバックアップとレプリカが生成されません。これはボリュームスナップショットが取られる前に、VM上のデータが休止状態にならないためです。Veeam Backup & Replicationにはオフラインバックアップの代わりとして、クラッシュ整合性バックアップ方法があります。これはオンラインバックアップを使用できなかったり、オフラインバックアップが適切でなかったりする場合に使用されます。

    オフラインバックアップ 

    関連トピック