開始する前に

このページで

    フェイルバックを実行する前に、次の前提条件を確認してください。

    • フェイルバックを実行するVMが、少なくとも1回適切にレプリケートされていること。
    • VMレプリカがフェイルオーバー状態になっていること。
    • Veeam Backup & ReplicationはVM復元中、Tintriなどの非Microsoft Windows SMB3ストレージで、Failed to disable integrity bit on disk N」というメッセージを表示することがあります。Microsoft Windows SMB3以外のストレージの場合、このメッセージは無視してかまいません。
    • プラットフォーム互換性マトリックスを確認していること。詳細については、「レプリカのフェイルバックでサポートされるプラットフォーム」を参照してください。