ゲストインタラクションプロキシ

このページで

    ゲストインタラクションプロキシとは、バックアップサーバーと処理対象のVMの間に配置されたバックアップインフラストラクチャコンポーネントのことです。このコンポーネントは、バックアップまたはレプリケーションジョブで次のVMの処理を実行する場合に必要となります。

    • アプリケーション認識処理
    • ゲストファイルシステムのインデックス作成
    • トランザクションログの処理

    VMゲストOSと通信するために、Veeam Backup & Replicationは各VMに、非永続的実行時コンポーネントを導入するか、永続的エージェントコンポーネントを使用(必要に応じて導入)しなければなりません。VMにこれらのコンポーネントを導入するタスクは、ゲストインタラクションプロキシによって実行されます。これらのコンポーネントの詳細については、「非永続的実行時コンポーネントと永続的エージェントコンポーネント」を参照してください。

    ゲストインタラクションプロキシ 注:

    ゲストインタラクションプロキシ機能はVeeam Universal Licenseに含まれています。従来のソケットベースライセンスを使用する場合は、Enterprise以上のエディションが必要です。

    ゲストインタラクションプロキシを使用すると、バックアップサーバーと処理対象のVMが異なるネットワークで動作している場合でも、VMゲストOSとの通信が行えます。

    ゲストインタラクションプロキシ 

    ゲストインタラクションプロキシ重要!

    ゲストインタラクションプロキシは、Microsoft Windows VMにのみ、非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントを導入します。他のゲストOSを使用しているVMでは、非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントは、バックアップサーバーによって導入されます。

    ゲストインタラクションプロキシの展開

    複数のゲストインタラクションプロキシを使用して、パフォーマンスを向上させることができます。複数のゲストインタラクションプロキシを使用すると、非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントの導入は、同じ処理を1つのゲストインタラクションプロキシで実行するよりも高速で行えます。

    複数のリモートサイトを持つバックアップインフラストラクチャでは、サイトごとにゲストインタラクションプロキシを展開することができます。これにより、バックアップサーバーの負荷を軽減し、バックアップサーバーとリモートサイト間のトラフィックを削減することができます。

    ゲストインタラクションプロキシの要件

    ゲストインタラクションプロキシのロールを実行するマシンは、次の要件を満たしている必要があります。

    • ゲストインタラクションプロキシのロールは、Microsoft Windows Server(物理または仮想)に割り当てることができます。
    • マシンを管理対象サーバーとして、Veeam Backup & Replicationコンソールに追加する必要があります。
    • ゲストインタラクションプロキシは、バックアップまたはレプリケートされるVMにLAN接続できなければなりません。
    • Hyper-V Server 2016以降に存在し、Microsoft Windows 10またはMicrosoft Windows Server 2016以降のVMをバックアップする時にPowerShell Direct接続の使用をする場合、ゲストインタラクションプロキシにMicrosoft PowerShell 2.0以降をインストールする必要があります。

    ゲストインタラクションプロキシのロールは、バックアッププロキシ、バックアップリポジトリ、WANアクセラレータ、Microsoft Hyper-Vホストまたはバックアップサーバーなど、要件を満たすマシンによって実行することができます。

    ゲストインタラクションプロキシの選択

    Microsoft Windowsマシンをバックアップ・インフラストラクチャに追加すると、Veeam Backup & Replicationによりその上にData Mover Serviceが展開されます。データムーバーサービスには、ゲストOSのインタラクション中に非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントの導入を行うコンポーネントが含まれます。

    ジョブ用のゲストインタラクションプロキシを割り当てるには、バックアップまたはレプリケーションジョブウィザードの[Guest Processing]のステップで、ゲストインタラクションプロキシのロールを実行するMicrosoft Windowsマシンを選択する必要があります。ゲストインタラクションプロキシは、手動で割り当てることも、Veeam Backup & Replicationによって自動で割り当てることもできます。Veeam Backup & Replicationでは、次の優先ルールを使用して、ゲストインタラクションプロキシを選択します。

    1. バックアップサーバーのロールを実行しない、保護対象のVMと同じネットワーク内のマシン。
    2. バックアップサーバーのロールを実行する、保護対象のVMと同じネットワーク内のマシン。
    3. バックアップサーバーのロールを実行しない、別のネットワーク内のマシン。
    4. バックアップサーバーのロールを実行する、別のネットワーク内のマシン。

    Veeam Backup & Replicationで優先順位が等しい複数の利用可能なマシンが検出された場合、負荷の少ないマシンが選択されます。負荷は、マシンが既に実行しているタスクの数によって定義されます。

    ゲストインタラクションプロキシ 

    ゲストインタラクションプロキシからバックアップサーバーへのフェイルオーバー

    ゲストインタラクションプロキシがMicrosoft Windows VMへの接続に失敗した場合、ゲストインタラクションプロキシは、VMにアクセスして非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントを導入することができません。この場合、バックアップサーバーがゲストインタラクションプロキシのロールを代行し、VMに非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントを導入します。

    関連トピック