オンホストバックアップ

このページで

    オンホストバックアップ中に、バックアップまたは複製するVMが保存されているソースMicrosoft Hyper-VホストでVMデータが処理されます。すべての処理操作は、バックアッププロキシのロールを実行するソースホストで直接実行されます。このため、オンホストバックアップによってホストシステムでのCPU使用率とネットワークオーバーヘッドが高くなる可能性があります。

    オンホストバックアップ 注:

    以下の手順では、Microsoft Hyper-V Server 2012 R2以前のバックアッププロセスについて説明します。Microsoft Hyper-V 2016以降のバージョンで登録されたVMのバックアップの詳細については、「オンラインバックアップ」と「クラッシュ整合性バックアップ」を参照してください。

    オンホストバックアッププロセスは、次のように実行されます。

    1. Veeam Backup & Replicationが必要なボリュームのスナップショットをトリガーします。
    2. ホスト上のVeeamデータムーバーは、作成されたボリュームスナップショットを使用してVMデータを取得します。このVeeamデータムーバーはVMデータを処理して宛先にコピーします。
    3. バックアッププロセスが完了すると、ボリュームスナップショットが削除されます。

    オンホストバックアップ 

    CSVでのオンホストバックアッププロキシのロールの割り当て

    バックアッププロキシのロールは、次のルールによってCSV内のMicrosoft Hyper-Vホストに割り当てられます。

    関連トピック