ステップ2:VMの選択

このページで

    ウィザードの[Virtual Machines]のステップで、フェイルオーバーを実行するVMを1つ以上選択します。個々のVMおよびVMコンテナ全体 (Hyper-Vホスト、クラスター、SCVMM、ボリュームのいずれか)をターゲットにしたボリュームレベルバックアップジョブを構成した場合のみです。

    VMとVMコンテナを選択するには、次の手順を実行します。

    1. [Add VM]をクリックします。
    2. VMおよびVMコンテナを参照する場所を選択します。
    • From infrastructure - 仮想環境を参照してVMまたはVMコンテナを選択します。VMコンテナを選択すると、Veeam Backup & ReplicationによってそのVMコンテナがVMのプレーン・リストに展開されます。

    VMまたはVMコンテナをすばやく見つけるために、[Add Object]ウィンドウの下部にある検索フィールドを使用できます。検索フィールドにVMまたはVMコンテナの名前、またはその一部を入力して、[Start search]をクリックするか、キーボードの[ENTER]を押します。

    • From replicas - 既存のレプリケーションジョブを参照して、レプリケーションジョブからすべてのVMまたは特定のVMを選択します。

    VMをすばやく見つけるために、[Backup Browser]ウィンドウの下部にある検索フィールドを使用できます。検索フィールドにVMの名前またはその一部を入力して、[Start search]をクリックするか、キーボードの[ENTER]を押します。

    ウィザードの上部の検索フィールドを使用することもできます。

    1. 検索フィールドにVM名またはその一部を入力します。Veeam Backup & Replicationにより、一致した項目が表示されます。
    2. VMがリスト内にない場合、[Show more]リンクをクリックして既存のVMレプリカを参照します。Veeam Backup & Replicationにより[Backup Browser]ウィンドウが開かれ、そこで必要なVMレプリカを選択することができます。

    仮想環境から選択するVMが少なくとも1回、正常にレプリケートされていることを確認してください。

    ステップ2:VMの選択