ステップ6:ターゲットネットワークの選択

このページで

    ウィザードの[Network]のステップは、高度なフェイルバックを実行する場合にだけ表示されます。

    新しい場所(たとえば、異なるネットワークのセットを持つ別のサイト)のVMにフェイルバックする場合、災害復旧サイトのネットワークを本番サイトのネットワークにマップできます。Veeam Backup & Replicationではネットワークマッピングテーブルを使用してリストアプロセス中に即座にVMの設定ファイルをアップデートします。

    リストアしたVMの接続先のネットワークを変更するには、次の手順を実行します。

    1. リスト内で1つまたは複数のVMを選択し、[Network]をクリックします。
    2. VMが複数のネットワークに接続されている場合、VMを展開し、マップするネットワークを選択して、[Network]をクリックします。
    3. [Select Network]セクションに、ターゲットホストまたはクラスターの接続先となるすべてのネットワークが表示されます。利用可能なネットワークのリストから、フェイルバック時に元のVMからアクセスする必要があるネットワークを選択します。選択を容易にするため、ウィンドウの下部にある検索フィールドを使用します。ネットワーク名またはその一部を入力し、右側の[Start search]ボタンをクリックするか、キーボードの[Enter]を押します。

    フェイルバック時に元のVMがネットワークにアクセスするのを防ぐため、リストでVMまたはVMのネットワーク接続を選択し、[Disconnected]をクリックします。

    ステップ6:ターゲットネットワークの選択