オンラインバックアップ

このページで

    オンラインバックアップはMicrosoft Hyper-V VM向けに推奨されるバックアップ方法です。このタイプのバックアップには、ダウンタイムは不要です。バックアップ中、VMは動作し続けるため、ユーザーは中断することなくアクセスできます。

    Microsoft Hyper-V VMがいくつかの要件を満たしていれば、オンラインバックアップを実行できます。詳細については、Microsoft Hyper-Vのドキュメントを参照してください。

    オンラインバックアップの手順は、Microsoft Hyper-V Serverのバージョンによって異なります。

    Microsoft Hyper-V Server 2008 R2および2012

    Microsoft Hyper-V Server 2008 R2および2012でのVMのオンラインバックアップの場合、Veeam Backup & ReplicationはネイティブのMicrosoft Hyper-Vアプローチを使用します。VMデータを静止状態にするため、 Microsoft Hyper-Vでは、2つの異なるレベルで動作し相互に通信する2つのMicrosoft VSSフレームワークを採用しています。

    Microsoft Hyper-V Server 2008 R2および2012でのVMのオンラインバックアップは、次のように実行されます。

    1. Veeam Backup & ReplicationはMicrosoft Hyper-VホストのVSSサービスとやり取りして、特定のVMのバックアップをリクエストします。
    2. Microsoft Hyper-Vホスト上のMicrosoft VSS Writerが、VMゲストOS内にインストールされているMicrosoft Hyper-V統合コンポーネント(HV-IC)にリクエストを渡します。
    3. HV-ICは、VM内のフレームワークのVSSリクエスターとして機能します。このフレームワークと通信して、VMで実行しているMicrosoft VSS対応アプリケーションのバックアップをリクエストします。
    4. VM上のMicrosoft VSS対応アプリケーション用のVSS Writerに対し、アプリケーションデータの静止が指示されます。
    5. アプリケーションの静止後に、VM内のフレームワークがVMゲストOS内のMicrosoft VSSソフトウェアプロバイダーを使用して内部スナップショットを取得します。
    6. VMが読み取り専用状態から読み取り/書き込み状態に戻り、VM内の操作が再開されます。作成されたスナップショットはHV-ICに渡されます。
    7. HV-ICからハイパーバイザーに対し、VMでバックアップの準備ができていることが通知されます。
    8. Microsoft Hyper-VホストのVSSプロバイダーが、VMディスクが配置されているボリュームのスナップショットを取得します(外部スナップショット)。その後、Microsoft VSSが自動リカバリプロセスをトリガーします。詳細については、「自動リカバリ」を参照してください。
    9. ボリュームスナップショットがVeeam Backup & Replicationに提示されます。Veeam Backup & Replicationは2つのバックアップモード(オンホストバックアップまたはオフホストバックアップ)のいずれかで、ボリュームスナップショットからVMデータを読み取ります。
    10. バックアップが完了すると、ボリュームスナップショットが削除されます。

    オンラインバックアップ 

    自動リカバリ

    内部スナップショットと外部スナップショットは少しの時差で順次取得されます。この間、ボリューム上のVMはフリーズされず、アプリケーションとOSは通常通り動作します。このため、外部スナップショットの作成時に、VMに未完了のアプリケーショントランザクションが残り、バックアップ中にこのデータが失われる可能性があります。

    バックアップ時のVMデータに整合性を持たせるために、Microsoft Hyper-V VSS Writerは作成された外部スナップショット内で追加処理を実行します。このプロセスは自動リカバリとも呼ばれます。

    自動リカバリは、ボリュームスナップショットが取得された後に実行されます。自動リカバリプロセスは次のように実行されます。

    1. ボリュームのスナップショットが取得された直後に、Microsoft Hyper-VホストのVSSでは、Microsoft Hyper-VホストのVSS Writerによって外部スナップショット内のデータが更新されます。その後、このデータは常に読み取り専用になります。
    2. ボリュームスナップショットは一時的に、読み取り/書き込みができる新しいボリュームとしてMicrosoft Hyper-Vホストにマウントされます。
    3. Microsoft Hyper-VホストのVSS Writerは、外部スナップショット上のVMを内部スナップショットの状態にロールバックします。内部スナップショットが取得された後の変更はすべて破棄されます。このようにして、外部スナップショット内のVMデータが完全に整合性のある状態になります。

    同時に、VMゲストOS内の内部スナップショットが削除されます。

    この結果、本番ボリューム上にVMがあり、整合性のあるボリュームスナップショットをVeeam Backup & Replicationがバックアップに使用できる状態になります。

    オンラインバックアップ 注:

    自動リカバリには最大で数分かかります。

    Microsoft Hyper-V Server 2012 R2

    Microsoft Hyper-V Server 2012 R2でVMをバックアップする場合、Microsoft VSSではバックアップと自動リカバリのチェックポイントを使用します。

    VMデータを静止状態にするため、Veeam Backup & Replicationでは、2つの異なるレベルで動作し相互に通信する2つのMicrosoft VSSフレームワークを利用しています。

    Microsoft Hyper-V 2012 R2でのVMのオンラインバックアップは、次のように実行されます。

    1. Veeam Backup & ReplicationはMicrosoft Hyper-VホストのVSSサービスとやり取りして、特定のVMのバックアップをリクエストします。
    2. Microsoft Hyper-Vホスト上のMicrosoft VSS Writerが、VMゲストOS内にインストールされているMicrosoft Hyper-V統合コンポーネント(HV-IC)にリクエストを渡します。
    3. HV-ICは、VM内のフレームワークのVSSリクエスターとして機能します。このフレームワークと通信して、VMで実行しているMicrosoft VSS対応アプリケーションのバックアップをリクエストします。
    4. VM上のMicrosoft VSS対応アプリケーション用のVSS Writerに対し、アプリケーションデータの静止が指示されます。
    5. アプリケーションが静止された後、Microsoft Hyper-V VSSがVMのバックアップチェックポイントを取得します。VMのすべての仮想ディスクが、vm_disk_name_GUID.avhdxという名前の一時ファイルを受信します。受信ファイルの名前は、たとえばdisk_1_A1C3FDA5-5DFE-4001-A6D7-EBE18195A85C.avhdxのようになります。ボリュームスナップショットが取得されるまでにVMに発生する新しい書き込みは、すべてこのファイルにリダイレクトされます。
    6. Microsoft Hyper-V VSSはバックアップチェックポイントを取得した直後に、別の補助チェックポイント(自動リカバリチェックポイント)を取得します。VMのすべての仮想ディスクが、vm_disk_name-AutoRecovery.avhdxという名前の一時ファイルを受信します。受信ファイルの名前は、たとえばdisk_1-AutoRecovery.avhdxのようになります。自動リカバリチェックポイントによって、バックアップ中のVMデータの整合性を取ることができます。

    自動リカバリチェックポイントはバックアップチェックポイントに依存しません。新しいチェックポイントチェーンで独立して取得されます。

    1. VM内のフレームワークがVMゲストOS内のMicrosoft Hyper-V統合サービスシャドウコピープロバイダーを使用して内部スナップショットを取得します。
    2. 作成された内部スナップショットはHV-ICに渡されます。
    3. HV-ICからハイパーバイザーに対し、VMでバックアップの準備ができていることが通知されます。
    4. Microsoft Hyper-V VSSが自動リカバリを実行します。自動リカバリチェックポイントをVMにマウントし、VM上のデータを整合性のある状態にロールバックします。
    5. Microsoft Hyper-VホストのVSSプロバイダーが、VMディスクが配置されているボリュームのスナップショットを取得します(外部スナップショット)。
    6. 自動リカバリチェックポイントが元のVMと結合されます。
    7. ボリュームスナップショットがVeeam Backup & Replicationに提示されます。Veeam Backup & Replicationは2つのバックアップモード(オンホストバックアップまたはオフホストバックアップ)のいずれかで、ボリュームスナップショットからVMデータを読み取ります。
    8. バックアップの完了後にボリュームスナップショットが削除され、バックアップチェックポイントが元のVMと結合されます。

    Microsoft Hyper-V Server 2016以降

    Microsoft Hyper-V 2016上のVMのオンラインバックアップは、本番チェックポイントに依存します。

    本番チェックポイントは、VMのポイントインタイムイメージです。本番チェックポイントの作成時に、Microsoft Hyper-VではVMが保存済み状態になりません。代わりに、Microsoft VSS技術(Microsoft Windows VMの場合)またはファイルシステムフリーズ(Linux VMの場合)によって、VM上のデータが静止状態になります。この結果、チェックポイントのアプリケーション整合性が確保されるため、データ消失なしでVMをリカバーできます。

    Veeam Backup & Replicationは次の条件が満たされる場合にのみ、本番チェックポイントによってオンラインバックアップを実行します。

    オンラインバックアップは、次の方法で実行されます。

    1. Veeam Backup & Replicationが特定のVMの本番チェックポイントをリクエストします。
    2. Microsoft Hyper-V仮想マシン管理サービス(Microsoft Windows VMの場合)またはファイルシステムフリーズ(Linux VMの場合)によって、VMゲストOS上のデータが整合性のある状態になります。
    3. Microsoft Hyper-V仮想マシン管理サービスによって、VMの本番チェックポイントが作成されます。VMのすべての仮想ディスクが一時AVHDXファイルを受信します。新しい書き込みはすべて一時AVHDXファイルにリダイレクトされます。
    4. その他のアクティビティはバックアップモードによって異なります。

    オンラインバックアップ 

    関連トピック