バックアップからのレプリカ

このページで

    多くの場合、災害復旧計画には、災害復旧(DR)およびHAの目的で同じVMをバックアップおよびレプリケートすることが必要です。通常、このために仮想インフラストラクチャ上のワークロードが倍加されます。互いに独立した2つのVMスナップショットを作成し、本番サイトからVMデータを2回転送する必要があります。

    バックアップオプションからリモートレプリカを使用することで、本番環境のワークロードを低減させることができます。このオプションは、オンサイトおよびオフサイトのレプリケーションシナリオで使用できます。

    バックアップからのレプリケーションを実行する場合、Veeam Backup & ReplicationはVMデータの読み取り先に、本番環境のホストおよびストレージを使用しません。バックアップリポジトリに既に存在するバックアップチェーンをデータのソースとして使用します。その結果、レプリケーションのためにVMスナップショットを作成して同じデータを2回転送する必要がありません。VMデータを取得するのは、バックアップジョブの間だけです。レプリケーションジョブでは、取得したデータを再使用してVMレプリカのリストアポイントを構築します。

    バックアップからのレプリカはレプリカシーディングに似ていますが、これらのオプションには相違点もあります。

    • レプリカシーディングは、レプリケーションジョブの初回実行時にのみバックアップファイルを使用します。VMレプリカのリストアポイントをさらに作成するために、レプリケーションジョブは本番環境を使用してソースストレージからVMデータを読み取ります。
    • バックアップからのレプリカは、データの唯一のソースとしてバックアップリポジトリのバックアップチェーンを使用します。新しいVMレプリカリストアポイントを作成する場合、Veeam Backup & Replicationは、完全の場合も増分の場合も常にバックアップチェーン内の最新のリストアポイントからデータを読み取ります。バックアップリポジトリのバックアップチェーンは、場合により、バックアップジョブまたはバックアップコピージョブで作成されます。

    バックアップからのレプリカの制限事項

    • レプリケーションは、Veeam Backup & Replicationで作成したMicrosoft Hyper-V仮想マシンのバックアップからのみ実行できます。
    • レプリケーションで使用する予定のバックアップは、レプリケーションジョブを構成するバックアップサーバー上のバックアップジョブにマップする必要があります。

    別のバックアップサーバーに作成されたバックアップを使用する場合は、次のステップを実行します。

    1. Veeam Backup & Replicationコンソールにバックアップをインポートする。
    2. 新しいバックアップジョブを作成し、インポートしたバックアップをマップします。
    3. レプリケーションジョブを作成して、[Get seed from the following backup repository]オプションを有効化し、インポートしたバックアップが存在するバックアップリポジトリをポイントします。

    次の点にご注意ください。

    • 別のバックアップサーバーにインポートされたバックアップファイルをマップするバックアップジョブは、定期的に実行して新しいリストアポイントを作成する必要があります。ジョブを作成できず、インポートしたバックアップをそれにマップできないと、このジョブが実行されることはありません。
    • 他のバックアップサーバーの他のジョブでも、インポートされたバックアップを使用してはなりません。

    関連トピック