Microsoft Hyper-Vゲストの静止点作成機能

このページで

    動作しているVMをバックアップまたはレプリケートする場合は、VMを静止、つまり「フリーズ」して、VMのファイルシステムとアプリケーションデータを整合性のとれた状態にする必要があります。トランザクション性の高いアプリケーションでは、データの静止が極めて重要です。トランザクションレベルの整合性のあるバックアップやレプリカを作成でき、アプリケーションデータの安全性が保証されるためです。

    Microsoft VSSをサポートしないVM(Linux VMなど)でトランザクションレベルの整合性のあるバックアップとレプリカを作成するには、このジョブでMicrosoft Hyper-Vゲストの静止点作成機能を有効にする必要があります。この場合Veeam Backup & Replicationは、Microsoft Hyper-Vにネイティブのアプローチを使って、VMの静止点を作成します。Microsoft Hyper-Vゲストの静止点作成機能は、VMでのファイルシステムやアプリケーションデータのフリーズと、VMデータが存在するボリュームの安定したシャドウコピーの作成に役立ちます。

    このようなVMで整合性のあるバックアップを作成するには、あらかじめプレスクリプトとポストスクリプトを作成してバックアップサーバーに保存し、アプリケーションでこれらの特別なスクリプトが使用されるように準備する必要があります。ジョブが開始されると、Veeam Backup & ReplicationはVMゲストの適切なフォルダにこれらのスクリプトをアップロードします。詳細については、「プレスクリプトおよびポストスクリプト」を参照してください。

    VMに静止点を作成するには、Veeam Backup & Replicationでは、次の方法を使用できます。

    • オンラインバックアップ(Microsoft Hyper-Vでの方法)
    • オフラインバックアップ(Microsoft Hyper-Vでの方法)
    • クラッシュ整合性バックアップ(Veeamでの方法)

    静止点の作成方法は、次のように選択されます。

    • VMがオンラインバックアップの要件をすべて満たしている場合、Veeam Backup & Replicationでは、オンラインバックアップ方法が使用されます。
    • VMがオンラインバックアップの要件を満たしていない場合、Veeam Backup & Replicationでは、オフラインバックアップ方法が使用されます。オフラインバックアップの間、VMは短時間、動作を停止します。

    VMの一時停止が望ましくない場合には、Veeam Backup & Replicationに、オフラインバックアップ方法でのトランザクションレベルの整合性のあるバックアップではなく、クラッシュ整合性バックアップを作成するよう指示することができます。

    Microsoft Hyper-Vゲストの静止点作成機能は、ジョブに追加されたすべてのVMにおいて、ジョブレベルで有効化されます。デフォルトでは、このオプションは無効になっています。

    オフラインバックアップは、Microsoft Hyper-V Server 2016で登録されたVMには適用できません。

    Microsoft Hyper-Vゲストの静止点作成機能