ステップ8:ジョブスケジュールの指定

このページで

    ウィザードの[Schedule]ステップで、SureBackupジョブを手動で実行するか、任意の時間(対応するバックアップジョブの完了後など)にジョブをスケジュールするかを選択します。

    1. ジョブのスケジュールを定義するには、[Run the job automatically ]チェックボックスを選択します。このチェックボックスを選択しない場合は、手動でジョブを開始して復元検証を実行する必要があります。
    2. 次の中から、ジョブに適切なスケジュールオプションを選択します。
      • Daily at:毎日、平日、または任意の曜日の任意の時間にジョブを開始します。
      • Monthly at:月一度指定した日にジョブを開始します。

    ステップ8:ジョブスケジュールの指定 注:

    ジョブスケジュールを設定するときは、日時変更の可能性があることに注意してください(夏時間への移行に関連する場合など)。

    • After this job:ジョブを連鎖します。通常、SureBackupジョブは、リンクしたバックアップジョブが完了した後に実行します。この場合、SureBackupジョブは、対応するジョブにより作成されたVMバックアップを検証します。

    ジョブの連鎖を作成する場合、連鎖の最初のジョブに対してタイムスケジュールを指定する必要があります。連鎖の残りのジョブについては、ウィザードの[Schedule]ステップで[After this job]オプションを選択し、先行するジョブをリストから選択します。

    1. 場合によっては、SureBackupジョブが開始するまでに、リンクされたバックアップジョブが完了しないことがあります。リンクされたジョブがまだ実行中であることをVeeam Backup & Replicationが検知すると、SureBackupジョブは開始されません。この状況に対処するには、[If some linked backup jobs are still running, wait up to]チェックボックスを選択し、右側のフィールドで適切な時間を指定します。リンクされたジョブがまだ実行中である場合、Veeam Backup & Replicationは定義された時間中待機し、この時間が経過してからリンクされたジョブを確認します。
    • 指定した時間内にリンクされたジョブが完了した場合は、SureBackupジョブが開始されます。
    • リンクされたジョブがまだ実行中である場合、SureBackupジョブは開始されません。

    ステップ8:ジョブスケジュールの指定 注:

    [After this job]機能によりジョブが開始されるのは、連鎖内の最初のジョブがスケジュールにより自動開始された場合のみです。最初のジョブを手動で開始した場合、それに連鎖するジョブは開始されません。

    ステップ8:ジョブスケジュールの指定