オフホストバックアッププロキシ

このページで

    オフホストバックアッププロキシは、オフホストバックアップモードに必要なコンポーネントです。オフホストバックアッププロキシの導入によって、本番Hyper-Vホストでの不要なオーバーヘッドをなくすことができます。この場合、オフホストバックアッププロキシがソースデータストアからVMデータを取得し、これを処理して宛先に転送します。詳細については、「オフホストバックアップ」を参照してください。

    オフホストバックアッププロキシの導入

    選択したマシンにオフホストバックアッププロキシのロールを割り当てる場合、Veeam Backup & Replicationでは、バックアッププロキシの機能に必要な軽量のコンポーネントとサービスを、選択したマシンに自動的にインストールします。バックアップサーバーとは異なり、バックアッププロキシには専用のSQLデータベースが不要です。すべての設定は、Veeam Backup & Replicationが使用する構成データベース内に一元的に保存されます。

    オフホストバックアッププロキシ 注:

    Microsoft Hyper-Vホストとオフホストバックアッププロキシのバージョンは、一致している必要があります。詳細については、「システム要件」を参照してください。

    オフホストバックアッププロキシサービス

    Hyper-VホストやWindowsマシンがオフホストバックアッププロキシとして機能するようにするために、Veeam Backup & Replicationでは次のサービスがインストールされます。

    • Veeam Installer Serviceは、Veeam Backup & Replicationコンソール内の管理対象サーバーのリストに追加されると、Windows(またはHyper-V)サーバーにインストールされて起動する補助サービスです。このサービスではシステムを分析し、必要なコンポーネントとサービスのインストールとアップグレードを行います。
    • Veeamデータムーバー は、Veeam Backup & Replicationに代わってデータ処理タスクを実行するコンポーネントです。たとえば、ソースVMデータの取得、データの重複排除と圧縮の実行、およびターゲットストレージへのバックアップデータの保存などを行います。
    • Veeam Hyper-V統合サービスは、バックアップ中のVSSフレームワークとの通信、レプリケーションとその他のジョブ、および復元タスクを実行します。また、Hyper-Vの変更ブロック追跡を処理するドライバを展開します。

    オフホストバックアッププロキシの一般要件

    オフホストバックアッププロキシのロールを実行するマシンは、次の要件を満たしている必要があります。

    評価およびテスト用の場合は、オフホストバックアッププロキシのロールをVMに割り当てることができます。このためには、このVMでHyper-Vのロールを有効にする必要があります(ネスト化された仮想化を使用します)。詳細については、「VMware Workstation 8およびESXi 5によるHyper-Vのネスト化」または「Hyper-Vの仮想マシンへのHyper-Vのインストール方法」の記事を参照してください。ただし、仮想化されたオフホストバックアッププロキシを本番環境で使用することは推奨しません。

    オフホストバックアッププロキシとCSV(SAN)ストレージの要件

    CSV(SAN)ストレージに配置されているVMをバックアップする場合、オフホストバックアッププロキシのロールを実行するマシンは、次の要件を満たしている必要があります。

    • CSVを含むMicrosoft Hyper-Vクラスターのオフホストバックアップを実行する予定の場合は、クラスターの一部ではないホストでオフホストバックアッププロキシを展開する必要があります。クラスターのノードでオフホストバックアッププロキシが展開されると、VMデータの処理中にクラスターで障害が発生します。
    • ソースのMicrosoft Hyper-Vホストとオフホストバックアッププロキシは、SAN構成で共有ストレージと接続される必要があります。オフホストバックアッププロキシに、ストレージLUNの読み取りアクセス権があることを確認してください。
    • データ重複排除が有効なCSVにディスクがあるVMをバックアップまたは複製する場合は、Microsoft Hyper-Vホストとオフホストバックアッププロキシのバージョンが一致しており、このオフホストバックアッププロキシでデータ重複排除のオプションが有効になっていることを確認してください。有効でない場合は、オフホストバックアップが失敗します。
    • 共有ストレージでボリュームシャドウコピーを作成および管理するには、オフホストプロキシとMicrosoft Hyper-Vで転送可能なシャドウコピーをサポートするVSSハードウェアプロバイダーをインストールして、適切に構成する必要があります。通常、VSSハードウェアプロバイダーを構成するときは、LUNを制御するサーバーと、アレイにアクセスするためのディスクアレイログイン情報を指定する必要があります。

    通常、VSSハードウェアプロバイダーは、ストレージベンダーの提供するクライアントコンポーネントの一部として配布されます。Microsoftが認定するすべてのVSSプロバイダーがサポートされます。一部のストレージベンダーでは、転送可能なシャドウコピーを使用するために、追加のソフトウェアとライセンスが必要な場合があります。

    オフホストバックアッププロキシとSMB共有ストレージの要件

    SMB共有ストレージに配置されているVMをバックアップする場合、オフホストバックアッププロキシのロールを実行するマシンは、本セクションで前述した一般的な要件に加えて次の要件を満たす必要があります。

    • オフホストバックアッププロキシには、SMB共有ストレージの読み取りアクセス権が必要です。
    • オフホストバックアッププロキシのLocalSystemアカウントには、Microsoft SMB3ファイル共有の読み取りアクセス権限が必要です。
    • オフホストバックアッププロキシは、Microsoft SMB3サーバーと同じドメインに配置する必要があります。または、Microsoft SMB3サーバーが格納されているドメインが、オフホストバックアッププロキシが配置されているドメインによって信頼されている必要があります。

    関連トピック