同時実行タスクの制限

このページで

    データ保護または災害復旧ジョブの開始時に、Veeam Backup & Replicationはジョブに追加されたVMのリストを分析し、処理する各VMの各ディスクのための個別のタスクを作成します。Veeam Backup & Replicationはジョブのために使用する必要のあるバックアップ・インフラストラクチャ・コンポーネントを定義し、現在使用可能なバックアップ・インフラストラクチャ・コンポーネントを確認し、作成されたジョブのタスクを処理するために必要なコンポーネントを割り当てます。

    バックアップインフラストラクチャのコンポーネントは、通常は、同時に複数のタスクを処理します。バックアップインフラストラクチャコンポーネントが同時に処理するタスクの数を制限することができます。タスクを制限すると、バックアップインフラストラクチャ間でワークロードを分散させ、パフォーマンスのボトルネックを回避するのに役立ちます。

    Veeam Backup & Replicationを使用して、次のバックアップ・インフラストラクチャ・コンポーネントの同時実行タスクの数を制限することができます。

    バックアップインフラストラクチャコンポーネント用に設定されたタスクの制限は、ジョブのパフォーマンスに影響します。たとえば、ジョブに4つのディスクを持つVMを追加し、ジョブのために同時に最大2つのタスクを処理できるバックアッププロキシを割り当てるとします。この場合、Veeam Backup & Replicationは4つのタスク(VMディスクごとに1つのタスク)を作成し、2つのタスクの並行処理を開始します。他の2つのタスクは保留になります。

    タスクの制限のしくみ

    タスクの制限はVeeam Backup Serviceによって行われます。Veeam Backup Serviceはバックアップインフラストラクチャ内のすべてのバックアッププロキシおよびバックアップリポジトリと、そのために構成されたタスク制限の設定を認識します。

    ジョブの開始時に、ジョブのために作成されたタスクと、ジョブのために使用する必要のあるバックアップインフラストラクチャリソースのリストをVeeam Backup Serviceに通知します。Veeam Backup Serviceは必要なバックアップインフラストラクチャコンポーネントが現在処理しているタスクの数を検出し、これらのコンポーネントのために許可されるタスクの数を分析します。現在処理しているタスクの数が許容制限数に達した場合、現在実行中のタスクのいずれかが終了するまで、バックアップインフラストラクチャコンポーネントは新しいタスクの処理を開始しません。

    バックアッププロキシ用のタスクの制限

    バックアッププロキシでの同時実行タスクの数を制限するには、バックアッププロキシ用に[Max concurrent tasks]設定を定義する必要があります。オンホストバックアップの場合は、ソースMicrosoft Hyper-Vホスト用に[Task limit]設定を定義する必要があります。

    同時実行タスクの最大数は、バックアッププロキシで使用可能なCPUコアの数によって決まります。タスク制限設定の定義は「1つのCPUコアで1つのタスク」という規則に従って行うことを強くお勧めします。たとえば、バックアッププロキシに4つのCPUコアが装備されている場合、このバックアッププロキシの同時実行タスクの数を4に制限することをお勧めします。

    同時実行タスクの制限 

    バックアップリポジトリ用のタスクの制限

    バックアップリポジトリで同時実行タスクの数を制限するには、バックアップリポジトリで[Limit maximum concurrent tasks to <N>]オプションを有効にし、必要なタスクの制限を定義する必要があります。

    同時実行タスクの最大数は、バックアップリポジトリで使用可能なCPUコアの数によって決まります。タスク制限設定の定義は「1つのCPUコアで1つのタスク」という規則に従って行うことを強くお勧めします。

    コアごとに2 GBのRAMを構成することをお勧めします。共有フォルダバックアップリポジトリの場合、ゲートウェイサーバーに対して同量のリソースが必要となります。

    バックアップリポジトリで実行される統合的な操作(合成フルバックアップ、バックアップファイルの統合および変換)もタスクとみなされます。これらの操作中に実行されるタスクの数は、バックアップリポジトリに格納されたバックアップチェーンの種類によって決まります。

    バックアップコピージョブ用にバックアップリポジトリを使用する場合、読み取り操作用のタスクも考慮する必要があります。

    バックアップリポジトリ用のタスクの数を制限する場合、ストレージのスループットに留意してください。割り当てたタスクの数にストレージシステムが対応できない場合、制限要因になります。処理可能なワークロードを定義するために、バックアップインフラストラクチャのコンポーネントとリソースをテストすることをお勧めします。

    同時実行タスクの制限 

    複数のロールを持つコンポーネントのためのタスクの制限

    1台のマシンで複数のロールを実行することができます。たとえば、同じマシンにバックアッププロキシとバックアップリポジトリのロールを割り当てることも、バックアッププロキシを共有フォルダのバックアップリポジトリのためのゲートウェイサーバーとして使用することもできます。このような場合、バックアップインフラストラクチャのコンポーネントが異なるロール用に指定された累積タスク数を処理できることを確認する必要があります。