プレスクリプトおよびポストスクリプト

このページで

    Microsoft VSSをサポートしないアプリケーションを実行しているVMをバックアップまたはレプリケートする場合、Veeam Backup & Replicationに、VMに対してカスタムのスクリプトを実行するように指示できます。たとえば、プレスクリプトはVeeam Backup & ReplicationがVMチェックポイントをトリガーする前に、VMゲストOS上でファイルシステムとアプリケーションデータを静止させ、VMを整合性のある状態にすることができます。チェックポイントが作成された後、ポストスクリプトはVMおよびアプリケーションを初期状態にすることができます。

    プレスクリプトとポストスクリプトは次の種類のジョブに使用できます。

    • バックアップジョブ
    • レプリケーションジョブ

    スクリプトは事前に作成しておく必要があります。ジョブ設定でそのスクリプトへのパスを指定する必要があります。スクリプト実行設定は、ジョブに含まれるオブジェクトに応じて、VMごとまたはコンテナごとに構成することができます。

    ジョブが開始されると、Veeam Backup & ReplicationはVMゲストOSにスクリプトをアップロードして、ジョブ設定の[Guest OS credentials]セクションで指定したアカウントで実行します。

    • Microsoft Windows VMのスクリプトは、ネットワーク経由で\\<vmname>\admin$にアップロードされます。スクリプトはC:\Windowsディレクトリで実行されます。ネットワーク接続に障害が発生した場合は、PowerShellDirectが使用されます。スクリプトは \\<hostname>\ ADMIN $ \ <tempdir>にアップロードされ、ホストのC:\ Windows\<tempdir>ディレクトリから実行されます。

    PowerShell Directは、Microsoft Hyper-V Server 2016以降に存在するVM、およびMicrosoft Windows 10またはMicrosoft Windows Server 2016以降が実行されているVMで使用されます。Veeam Backup&Replicationでは、PowerShell Directで機能するためにMicrosoft PowerShell 2.0以降が必要です。

    • Linux VM用のスクリプトはSSHを介してアップロードされます。スクリプトは /tmp ディレクトリ で実行されます。RenciまたはRebex SSHライブラリを使用していて、[Guest OS credentials]で指定したユーザーに対して[Elevate account privileges automatically]チェックボックスが選択されている場合、スクリプトは最初に/home/<username>にアップロードされ、次に/tmpに移行されます

    「0」が返された場合、スクリプトは正常に実行されたとみなされます。

    スクリプト実行のためのデフォルトの時間は10分です。タイムアウトになるまでにスクリプトが実行できなかった場合、Veeam Backup & Replicationにより、ジョブ・セッションでのエラー・メッセージと、スクリプト実行中に発行されたエラーまたは警告メッセージが表示されます。

    プレスクリプトおよびポストスクリプト 

     

    サポートされるスクリプト形式

    Microsoft WindowsとLinuxのVMには、プレスクリプトとポストスクリプトを使用できます。

    プレスクリプトおよびポストスクリプトの制限

    Veeam Backup & Replicationには、プレスクリプトおよびポストスクリプトについて次のような制限があります。

    関連トピック