バックアップ処理(Microsoft Hyper-V 2012 R2以前)

このページで

    SMB3共有上にあるVMのバックアップとレプリケーションでは、Veeam Backup & Replication は、Microsoft VSSフレームワークを活用するネイティブのHyper-Vアプローチを使用します。Veeam Backup & ReplicationはVSSリクエスターとして機能し、VSSフレームワークとの通信や、必要なファイル共有のシャドウコピーのトリガーなどを行います。このMicrosoft VSSコンポーネントは、ファイル共有のシャドウコピーを作成し、このコピーをバックアップのソースとして使用するVeeam Backup & Replicationに提示します。

    SMB3共有でVMを適切に静止させるために、Microsoft Hyper-Vは3つのVSSフレームワークを使用します。これらのフレームワークは、Hyper-VホストのレベルとSMB3ファイルサーバーのレベルで機能し、相互に通信します。

    • Microsoft Hyper-Vホスト上のVSSフレームワークHyper-VホストVSS)。バックアップまたはレプリケーション処理を開始したVeeam Backup & Replicationは、VMが登録されているMicrosoft Hyper-Vホスト上のVSSフレームワークと直接通信します。Hyper-VホストVSS Serviceは、ファイル共有のシャドウコピーの作成を開始し、VMアプリケーションの書き込みを凍結して、シャドウコピー要求をVSS for SMB File Sharesフレームワークに渡します。シャドウコピーの作成後、Microsoft Hyper-VホストVSS Serviceは、シャドウコピーへのパスをVeeam Backup & Replicationに返します。
    • VSS for SMB File Shares。このフレームワークは、MicrosoftのVSSフレームワークへの拡張機能です。VSS for SMB File Sharesは、SMB3ネットワーク共有にあるVMのアプリケーション整合性シャドウコピーを提供します。ファイル共有のシャドウコピーで作業するために、VSS for SMB File Sharesは次の2つのコンポーネントを使用します。
      • File Share Shadow Copy Providerは、SMB3のVSSプロバイダーです。File Share Shadow Copy Providerは、VMが登録されているMicrosoft Hyper-Vホストで呼び出されます。このプロバイダーは、VSS APIを使用して、VSSリクエスター、File Share Shadow Copy Agentと対話し、ファイル共有のシャドウコピーの作成を要求します。
      • File Share Shadow Copy Agentは、SMB3のVSSリクエスターです。File Share Shadow Copy Agentは、SMB3ファイルサーバーで呼び出されます。このエージェントは、SMB3ファイルサーバー上でローカルのVSSフレームワークと対話し、要求されたファイル共有のシャドウコピーを作成します。
    • SMB3ファイルサーバー上のローカルVSSフレームワーク。このフレームワークは、ファイル共有が存在するボリュームのシャドウコピーを作成し、このコピーをファイル共有として、SMB3サーバー上に公開します。

    バックアップ処理(Microsoft Hyper-V 2012 R2以前) 

    SMB3共有上のVMのバックアップは、次の方法で実行されます。

    1. Veeam Backup & ReplicationはMicrosoft Hyper-VホストVSS Serviceと対話し、必要なファイル共有のシャドウコピーを要求します。
    2. Hyper-VホストVSS Serviceはシャドウコピーの作成要求を、Microsoft Hyper-VホストVSS Writerに送信します。Microsoft Hyper-VホストVSS Writerはバッファをフラッシュし、VM上でアプリケーションの書き込みを一時停止します。
    3. Microsoft Hyper-VホストVSS Serviceは、シャドウコピーの作成要求を、Hyper-Vホストで呼び出されたFile Share Shadow Copy Providerに送信します。
    4. File Share Shadow Copy Providerは、この要求を、必要なファイル共有をホストしているSMB3ファイルサーバーで呼び出されたFile Share Shadow Copy Agentへ中継します。
    5. File Share Shadow Copy Agentは、SMB3ファイルサーバー上のローカルVSSへのシャドウコピー作成要求をトリガーします。
    6. SMB3ファイルサーバー上のローカルVSSは、必要なシャドウコピープロバイダーを使用して、必要なファイル共有が存在するボリュームのシャドウコピーを作成します。このシャドウコピーは、ファイル共有としてSMB3サーバー上に公開されます。その後、オリジナルのファイル共有に存在するVMに対するアプリケーションの書き込みが再開されます。
    7. File Share Shadow Copy Agentは、シャドウコピーへのパスを、File Share Shadow Copy Providerへ返します。
    8. File Share Shadow Copy Providerはこの情報を、Microsoft Hyper-VホストVSS Serviceに伝えます。
    9. Veeam Backup & Replicationは、シャドウコピーのプロパティに関する情報をMicrosoft Hyper-VホストVSS Serviceから取得します。
    10. Veeam Backup & Replicationは、作成したシャドウコピーをバックアップのソースとして使用します。バックアップの完了後、ファイル共有のシャドウコピーが削除されます。

    バックアップ処理(Microsoft Hyper-V 2012 R2以前) 

    詳細については、Microsoftのドキュメントを参照してください。