VM全体のリストア

このページで

    Veeam Backup & Replicationでは、元のVMに障害が発生した場合に、バックアップファイルからVM全体を最新の状態または以前の時点にリストアできます。

    VM全体のリストアの場合、VMイメージが本番ストレージに完全に抽出されている必要があります。Veeam Backup & Replicationはバックアップリポジトリから選択したストレージにVMデータをコピーし、選択したHyper-VホストにVMを登録し、必要な場合は起動します。

    VMは元の場所または新しい場所にリストアできます。VMを元の場所にリストアする場合、Veeam Backup & Replicationでは元のVMの電源をオフにして、リストアの前に削除します。このタイプのリストアにより、最速の復元が確実に行われ、VM設定の変更で生じる可能性のあるミスの数が最小限に抑えられます。

    VMを新しい場所にリストアする場合は、新しいVM名、VMを格納するホストとボリュームネットワークプロパティなど、新しいVM設定を指定できます。Veeam Backup & ReplicationはVM設定ファイルを変更し、ユーザーが選択した場所にVMデータを格納します。

     

    VMに複数のVMディスクがある場合、Veeam Backup & ReplicationはVMディスクを同時に復元します。

    関連トピック