開始する前に

このページで

    Microsoft SMB3サーバーまたはクラスターをバックアップインフラストラクチャに追加する前に、次の前提条件を確認してください。

    • Microsoft SMB3サーバーで、Microsoft Windows Server 2012以降が実行されている必要があります。 Veeam Backup & Replicationは、これらのタイプのMicrosoft SMB3サーバーのみをサポートしています。
    • Microsoft SMB3共有フォルダは適切に構成されていなければなりません。Microsoft SMB3共有フォルダに対する全要件については、Microsoftのドキュメントの「Requirements and supported configurations」セクションを参照してください。
    • VMを、隠し共有フォルダや、C$、D$のようなデフォルトの共有フォルダに保存してはいけません。Microsoft SMB3ファイル共有フォルダを再スキャンするとき、Veeam Backup & Replicationは、このようなタイプのフォルダをスキップします。
    • [Veeam Cloud Connect Replicationシナリオの場合] Microsoft SMB3共有フォルダをVMレプリカのストレージとして使用することはできません。
    • SMB3共有との間でデータを読み書きするために、Veeam Backup & Replicationは、Microsoft SMB3サーバーまたはクラスターを追加したときに提供されたアカウントを使用します。スケールアウトファイルサーバーで構成されたSMB3共有のセキュリティ設定で、このアカウントにFull Control権限が与えられていることを確認してください。