フルバックアップ方法

このページで

    Veeam Backup & Replicationには、フルバックアップファイルを作成するために次の方法が用意されています。

    アクティブフルバックアップが実行されると、Veeam Backup & Replicationは、VMが保存されているソースボリューム からVMデータを取得し、圧縮および重複排除を行い、バックアップリポジトリのVBKファイルに書き込みます。

    合成フルバックアップを実行すると、Veeam Backup & Replicationはソースボリューム。代わりに、バックアップリポジトリに既に存在するデータからフルバックアップを合成します。Veeam Backup & Replicationは、バックアップリポジトリの以前のフルバックアップファイルと以降の増分バックアップファイルのチェーンにアクセスし、これらのファイルのVMデータを統合して、新しいフルバックアップファイルに統合済みのデータを書き込みます。このため、作成された合成フルバックアップファイルには、アクティブフルバックアップを作成した場合と同じデータが含まれます。

    ヒント

    アクティブフルバックアップと合成フルバックアップの両方を実行できます。その方法の詳細については、「 バックアップ設定をターゲットにしたボリュームレベルバックアップジョブを構成した場合のみです。