VMレプリカのタイプでサポートされるプラットフォーム

このページで

    Veeam Backup & Replicationでは作成する必要があるVMレプリカのタイプが自動的に選択されます。スナップショットや従来のレプリカの作成を明示的に選択することはできません。

    VMレプリカのタイプは次の条件によって決まります。

    • ソースMicrosoft Hyper-Vホストのバージョン
    • ターゲットMicrosoft Hyper-Vホストのバージョン

    新しいレプリケーションジョブ

    Veeam Backup & Replicationでレプリケーションジョブを作成する場合、レプリケーションジョブでは次のタイプのVMレプリカが作成されます。

    ソース/ターゲット

    ターゲット 2008 R2

    ターゲット 2012~2019*

    インフラストラクチャから

    ソース 2008 R2

    従来

    スナップショット

    ソース 2012~2019

    サポートされていない

    スナップショット

    バックアップから

    ソース 2008 R2

    サポートされていない

    スナップショット

    ソース 2012~2019

    サポートされていない

    スナップショット

    *ターゲットのOSバージョンはソースのOSバージョン以降である必要があります。

    例:

    • Microsoft Hyper-V 2008 R2ホストをソース、Microsoft Hyper-V 2008 R2ホストをターゲットとして使用してレプリケーションジョブを構成します。VMデータは本番インフラストラクチャから取得されます。この場合、レプリケーションジョブでは従来のレプリカが作成されます。
    • Microsoft Hyper-V 2012 R2ホストをソース、Microsoft Hyper-V 2016ホストをターゲットとして使用してレプリケーションジョブを構成します。VMデータは本番インフラストラクチャから取得されます。この場合、レプリケーションジョブではスナップショットレプリカが作成されます。

    既存のレプリケーションジョブ

    Veeam Backup & Replicationをアップグレードした後も、従来のレプリケーションジョブはそのまま残ります。タイプがスナップショットレプリケーションジョブに変更されることはありません。

    Veeam Backup & Replicationにアップグレードした後も、レプリケーションジョブは通常通り機能します。ただし、Microsoft Hyper-V Server 2012以降のホストをターゲットとして使用する従来のレプリケーションジョブがあり、これらのジョブがVeeam Backup & Replication 9.0より前のバージョンで作成された場合は、これらのジョブを編集できません。

    従来のレプリケーションジョブは、仮想インフラストラクチャのみをデータのソースとして使用できます。バックアップからのレプリケーションは、従来のレプリケーションジョブではサポートされていません。