バックアップについて

このページで

    Veeam Backup & Replicationは仮想環境用に構築されています。仮想化レイヤーで動作し、VMバックアップに対してイメージベースのアプローチを使用します。

    Veeam Backup & Replicationでは、VMデータを取得するためにVMゲストOS内部にエージェント・ソフトウェアをインストールすることはありません。VMをバックアップするには、VMware vSphereのスナップショット機能を活用します。ユーザーがVMをバックアップするときには、Veeam Backup & ReplicationはVMware vSphereにVMスナップショットを作成するよう要求します。VMスナップショットは、VMの特定の時点での、構成、OS、アプリケーション、関連付けられたデータ、システム状態などが統合されたコピーと考えることができます。Veeam Backup & Replicationではこの特定の時点のコピーを、データのバックアップ用のソースとして使用します。

    Veeam Backup & Replicationは、そのソースデータストアからブロックレベルでVMデータをコピーします。VMデータを取得し、圧縮と重複排除を行って、バックアップファイルをVeeam独自のフォーマットでバックアップリポジトリに保存します。

    Veeam Backup & Replicationでは、バックアップはジョブに基づいています。バックアップを実行するには、バックアップジョブを構成する必要があります。バックアップジョブは、バックアップアクティビティの構成単位です。バックアップジョブでは、いつ、何を、どのように、どこへバックアップするかを定義します。1つのバックアップジョブを、1つのVMまたは複数のVMに使用できます。Veeam Backup & Replicationでスケジュールに従って自動的にジョブが実行されるように指示するか、または手動で開始することができます。

    最初のバックアップジョブセッションでは、必ずVMイメージのフルバックアップが作成されます。後続のバックアップ・ジョブ・セッションは増分です。Veeam Backup & Replicationでは最後のバックアップ・ジョブ・セッション以降に変更されたデータ・ブロックのみをコピーします。変更されたデータ・ブロックを追跡するために、Veeam Backup & Replicationではさまざまなアプローチを行います。詳細については、「変更ブロック追跡」を参照してください。

    このセクションの内容