Azure Data Boxストレージの追加

このページで

    Azure Data Boxは、Microsoftから短期間リクエストされ、Veeam Backup & Replicationバックアップインフラストラクチャに一時的に接続可能なオブジェクトストレージとして使用できる物理デバイスです。Azure Data Boxの注文と使用準備の詳細については、こちらのMicrosoftの記事を参照してください。

    このデバイスは、エクステント上で多くのストレージ空間を占有する大量のバックアップファイルのオフロードが必要なときに役立つ可能性があります。Azure Data Boxデバイスへのデータのオフロードは、Azureオブジェクトストレージへの直接的なデータ転送よりずっと短時間で実行できるためです。

    Azure Data Boxにバックアップをオフロードしたら、Microsoftにデバイスを返送してご使用のAzureストレージアカウントとデータを同期する必要があります。詳細については、「Azure Blob Storageへのバックアップのシード」を参照してください。

    重要

    輸送中にデバイスが損傷した場合のデータ消失のリスクを排除するために、バックアップファイルを移動するのではなくAzure Data Box Storageにコピーし、デバイスが配送されてデータがストレージアカウントに安全に転送されるまで、ローカルインフラストラクチャに保持することをお勧めします。

    Azure Data Boxストレージの追加 注:

    Veeam Backup & Replicationがサポートするのは、REST APIを使用する読み取り/書き込みに対応したAzure Data Boxデバイスのみである点に注意してください。Azure Data Box Diskタイプはサポートされません。

    Microsoft Azure Data Boxストレージの詳細およびその他の制限事項については、こちらのMicrosoftの記事を参照してください。

    Microsoft Azure Data Boxストレージを追加するには、以下の手順を実行します。

    1. 開始する前に」セクションのステップを実行します。
    2. オブジェクトストレージ名の指定
    3. オブジェクトストレージアカウントの指定
    4. オブジェクトストレージの設定の指定
    5. ウィザードの終了