バックアップファイルのヘルスチェック

このページで

    バックアップ・チェーンで最新のリストア・ポイントに対して正常性確認を定期的に実行するように、Veeam Backup & Replicationに指示することができます。正常性確認の間、Veeam Backup & Replicationでは、バックアップ・ファイルのメタデータにCRCチェックを行い、VMデータ・ブロックにハッシュのチェックを行い、整合性を検証します。ヘルスチェックによって、リストアポイントに一貫性を持たせて、このリストアポイントからデータをリストアすることができます。

    正常性確認は、次のすべての種類のバックアップチェーンに実行できます。

    • 永久増分
    • 増分
    • 逆増分バックアップチェーン

    ヘルスチェックを定期的に実行するには、バックアップジョブ設定で、[Perform backup files health check]オプションを有効にし、ヘルスチェックのスケジュールを定義する必要があります。デフォルトでは、毎月最終金曜日にヘルスチェックが実行されます。スケジュールを変更して、毎週または毎月、任意の日にヘルスチェックを実行できます。

    バックアップファイルのヘルスチェック 注:

    Veeam Backup & Replicationでは、正常性確認がスケジュールされている日の初回ジョブ・セッション中に、正常性確認を実行します。同じ日に別のジョブ・セッションが実行された場合、Veeam Backup & Replicationでは、このジョブ・セッション中には正常性確認を実行しません。たとえば、ジョブが土曜日に数回スケジュールされ、ヘルスチェックが土曜日にスケジュールされている場合、ヘルスチェックが実行されるのは、土曜日の初回のバックアップジョブセッション中のみです。

    バックアップファイルのヘルスチェック 

    検証内容

    ヘルスチェックでは、常にバックアップチェーンの最新のリストアポイントのみを検証します。永久増分および増分バックアップチェーンの場合、最新のリストアポイントが不完全なときには、正常性確認で最新の1つ前のリストアポイントを検証します。

    ヘルスチェックの手順では、バックアップチェーンの最新のバックアップファイルではなく、VMの最新のリストアポイントを検証することに留意してください。最新のリストアポイントは、VMの最新のバックアップファイルが作成された日時のVMの状態に対応します。VMの最新の状態の「構成」に必要なデータブロックは、通常はバックアップチェーンの複数のバックアップファイルにまたがって広がっています。したがって、VMの最新の状態を検証するには、Veeam Backup & Replicationでバックアップチェーン内の複数のバックアップファイルを開き、そのバックアップファイルからデータブロックを読み取る必要があります。このため、ヘルスチェックの手順には時間がかかる場合があります。

    バックアップファイルのヘルスチェック 

    ヘルスチェックでは、最新のリストアポイントで利用可能なVMの仮想ディスクのみを検証します。たとえば、3つの仮想ディスクを含むVMをバックアップジョブに追加したとします。VMは日曜日から火曜日にバックアップされました。水曜日に仮想ディスクを1つ削除し、Veeam Backup & ReplicationでVMに正常性確認を実行しました。正常性確認の間、Veeam Backup & Replicationでは、残りの2つの仮想ディスクのみを検証します。

    ヘルスチェックでは、最新のリストアポイントで利用可能なVMのみを検証します。たとえば、2つのVMをバックアップジョブに追加し、しばらくの間ジョブを実行したとします。ヘルスチェックで2つのVMを検証しました。バックアップジョブからVMを1つ削除すると、次にスケジュールされているヘルスチェックでは、削除されたVMで未検証の最新のリストアポイントと、残っているVMの最新のリストアポイントを検証します。今後は、ヘルスチェックではジョブ内に残っているVMのリストアポイントのみを検証します。

    バックアップファイルのヘルスチェック 

    ヘルスチェックに関する制限事項

    • 手動で開始するか、スケジュールによって自動的に開始されるアクティブフルバックアップジョブセッション中は、ヘルスチェックは実行されません。
    • 正常性確認はオフロードされたリストアポイントには実行されません。詳細については、「キャパシティ層」を参照してください。
    • [マシン単位のバックアップチェーンの場合] しばらくの間実行されていた既存のバックアップジョブに新しいVMを追加した場合、Veeam Backup & Replicationは、追加されたVMの次の増分バックアップジョブセッション中に正常性確認を実行します。

    ヘルスチェックのしくみ

    Veeam Backup & Replicationで新しいリストア・ポイントをバックアップ・リポジトリに保存するときに、バックアップ・ファイルでバックアップのメタデータのCRC値およびVMディスクのデータ・ブロックのハッシュ値が計算され、これらの値はバックアップ・ファイルのメタデータに、VMデータと共に保存されます。正常性確認セッション中に、Veeam Backup & Replicationではこの値を使用して、検証されたリストアポイントに一貫性があるかどうかを確認します。

    バックアップファイルのヘルスチェック 注:

    暗号化されたバックアップファイルの正常性確認を実行する場合、Veeam Backup & Replicationでは、暗号化キーが通常のバックアップリポジトリまたはクラウドリポジトリに渡されます。暗号化の詳細については、「データ暗号化」を参照してください。

    Veeam Backup & Replicationでは、次の異なるタイプのバックアップ・チェーンに対して、正常性確認の異なるメカニズムを使用します。

    永久増分バックアップチェーンと増分バックアップチェーン

    増分バックアップチェーンの正常性確認は、以下のように実行します。

    1. バックアップ・ジョブ・セッションの最後に、Veeam Backup & Replicationで正常性確認を実行します。バックアップファイルで、バックアップのメタデータのCRC値およびVMディスクデータブロックのハッシュ値を計算し、既にバックアップファイルに格納されているCRC値およびハッシュ値と比較します。

    正常性確認の間、Veeam Backup & Replicationでは、バックアップ・チェーンの最新のリストア・ポイント(現在のバックアップ・ジョブ・セッションで作成されたリストア・ポイント。このセッション中に正常性確認が実行されます)を検証します。バックアップ・チェーンの最新のリストア・ポイントが不完全な場合、Veeam Backup & Replicationでは最新の前のリストア・ポイントを確認します。

    1. ヘルスチェックでデータの破損が検出されなかった場合、バックアップジョブセッションは通常の方法で完了します。

    破損したデータが正常性確認で検出された場合、Veeam Backup & Replicationでは、バックアップジョブを[Error]ステータスで完了し、正常性確認の再試行プロセスを開始します。ヘルスチェックの再試行は、個別のバックアップジョブセッションとして開始されます。

    明らかになったデータ破損に応じて、Veeam Backup & Replicationでは以下のアクションを実行します。

    バックアップファイルのヘルスチェック 

    逆増分バックアップチェーン

    逆増分バックアップチェーンの場合、正常性確認では必ずバックアップチェーンの最新のリストアポイントのみを検証しますが、これは必ずフルバックアップファイルです。

    この正常性確認は、次のように実行されます。

    1. バックアップジョブセッションの終わりに、Veeam Backup & Replicationはフルバックアップファイルを検証します。Veeam Backup & ReplicationはフルバックアップファイルでバックアップのメタデータのCRC値およびVMディスクデータブロックのハッシュ値を計算し、既にフルバックアップファイルに格納されているCRC値およびハッシュ値と比較します。
    2. ヘルスチェックでデータの破損が検出されなかった場合、バックアップジョブセッションは通常の方法で完了します。

    破損したデータが正常性確認で検出された場合、Veeam Backup & Replicationでは、バックアップジョブを[Error]ステータスで完了し、正常性確認の再試行プロセスを開始します。ヘルスチェックの再試行は、個別のバックアップジョブセッションとして開始されます。

    明らかになったデータ破損に応じて、Veeam Backup & Replicationでは以下のアクションを実行します。

    バックアップファイルのヘルスチェック 

    ヘルスチェックの再試行

    ヘルスチェック自体はバックアップジョブセッション中に開始されますが、バックアップジョブセッションが失敗した場合には、ジョブの再試行セッション中に開始されます。試行が成功しなかった場合でも、Veeam Backup & Replicationでは、最後のジョブ再試行中に正常性確認を実行します。

    破損したデータが正常性確認で検出された場合、Veeam Backup & Replicationでは、バックアップジョブを[Error]ステータスで完了し、正常性確認の再試行プロセスを開始します。ヘルスチェックの再試行は、個別のバックアップジョブセッションとして開始されます。正常性確認の再試行中、Veeam Backup & Replicationでは、破損したリストアポイントのデータブロックをソースデータストアから転送しようとします。

    予定されたジョブの場合、正常性確認の再試行の回数は、ジョブ設定で指定されたジョブの再試行の回数と同じです。手動で開始したジョブの場合、Veeam Backup & Replicationは正常性確認の再試行を1回だけ実行します。

    バックアップファイルのヘルスチェック 注:

    Veeam Backup & Replicationが正常性確認のすべての再試行で、破損したデータを修正できなかったときは、ジョブを手動で再試行する必要があります。この場合、Veeam Backup & Replicationは必要なデータブロックをソースデータストアから転送して、最新のリストアポイントを修正します。バックアップチェーン内の最新のリストアポイントが不完全な場合、Veeam Backup & Replicationは最新のリストアポイントの1つ前のリストアポイントの修正を試みます。

    関連トピック

    バックアップジョブの作成