ステップ5:vAppの場所の選択

このページで

    ウィザードの[vApp]ステップは、リストアされるvAppの場所と設定を変更することを選択した場合にのみ表示されます。

    デフォルトでは、Veeam Backup & Replicationは元の場所に元の名前でvAppをリストアします。

    vAppを別の場所にリストアするには、次の手順を実行します。

    1. リストからvAppを選択し、[vDC]をクリックします。
    2. vCloud Director階層から、選択したvAppを登録する必要がある組織vDCを選択します。

    選択を容易にするため、ウィンドウの下部にある検索フィールドを使用します。オブジェクト名またはその一部を入力し、右側の[Start search]ボタンをクリックするか、キーボードの[Enter]キーを押します。

    vAppにスタンドアロンVMが含まれる場合、Veeam Backup & ReplicationはこのようなvAppのスタンドアロンVMを通常のvCloud Director VMとしてリストアします。

    vApp名を変更するには、次の手順を実行します。

    1. リストからvAppを選択し、[Name]をクリックします。
    2. [Change Name]ウィンドウで、新しい名前を明示的に入力するか、元のvApp名に接頭辞または接尾辞を付けることで名前の変更ルールを指定します。
    3. vApp名はリストで直接変更することもできます。vAppを選択し、[New Name]フィールドをクリックして、リカバーされるvAppに割り当てる名前を入力します。

    ステップ5:vAppの場所の選択