ステップ8:ネットワークマッピングの構成

このページで

    [Network]ステップは、[Destination]ステップで[Failback to the specified location]オプションを選択した場合に利用できます。このステップは、新しい場所にリカバーされたVMへフェイルバックする場合や、それらの場所のネットワークが災害復旧(DR)サイト内のネットワークと異なる場合に適用されます。

    ウィザードの[Network]ステップで、ネットワークマッピング表を作成します。この表では、DRサイト内のネットワークが、リカバーされたVMを配置するサイト内のネットワークにマップされます。Veeam Backup & Replicationでは、フェイルバックプロセスの間に、オンザフライでVMの設定ファイルを更新するためにネットワークマッピング表が使用されます。

    リストアしたVMの接続先のネットワークを変更するには、次の手順を実行します。

    1. [Network connections]リストで、該当するVMを選択し、[Network]をクリックします。

    VMが複数のネットワークに接続されている場合は、マップするネットワークを選択します。

    1. 利用可能なネットワークのリストで、リカバーされたVMを接続するネットワークを選択します。

    リカバーされたVMを仮想ネットワークに接続しない場合は、対象のVMを選択し、[Disconnect]をクリックします。

    ステップ8:ネットワークマッピングの構成