Planned Failoverの実行

このページで

    Planned Failoverとは、動作中のVMからレプリカへの切り替え操作のことです。Planned Failoverは、元のVMをしばらくオフラインにするようスケジュールされている場合に、事前にレプリカにワークロードを移すために行われます。

    計画フェイルオーバーを実行する前に、前提条件を確認してください。その後、Planned Failoverウィザードを使用して、計画フェイルオーバーを実行します。

    1. Planned Failoverウィザードの起動
    2. VMの選択
    3. フェイルオーバーの理由の指定
    4. 概要の確認とウィザードの終了