ストレージ設定

このページで

    ファイル共有バックアップジョブのストレージの詳細設定を指定するには、次の手順を実行します。

    1. ウィザードの[Storage]ステップで、[Advanced]をクリックします。
    2. [Storage]タブで、データの削除および暗号化設定を指定します。
    • [Compression level]リストから、バックアップの圧縮レベル([None]、[Dedupe-friendly]、[Optimal]、[High]、または[Extreme])を選択します。
    • バックアップファイルの内容を暗号化する場合は、[Enable backup file encryption]チェックボックスを選択します。[Password]フィールドで、暗号化に使用するパスワードを選択します。事前にパスワードを作成していない場合は、[Add]をクリックするか、[Manage passwords]リンクを使用して新しいパスワードを指定します。詳細については、「データ暗号化のパスワードの管理」を参照してください。

    バックアップサーバーにVeeam Backup Enterprise Managerが接続されておらず、Veeam Universal Licenseまたは従来のソケットベースのEnterpriseまたはEnterprise Plusライセンスがインストールされていない場合は、パスワードを紛失すると、暗号化されたバックアップからデータをリストアすることができなくなります。Veeam Backup & Replicationで、それについて警告が表示されます。詳細については、「パスワードを使用しないデータの復号化」を参照してください。

    ストレージ設定 注:

    既存のバックアップジョブに対して暗号化を有効にした場合は、次回のジョブセッションの間に、Veeam Backup & Replicationによって、変更の有無にかかわらずファイル共有のすべてのファイルが新しいバックアップファイルにバックアップされます。作成されたバックアップファイルと以降のバックアップファイルは、指定したパスワードで暗号化されます。

    既存のジョブに対して暗号化を有効にした場合、Veeam Backup & Replicationでは、このジョブで作成された以前のバックアップチェーンは暗号化されません。

    ストレージ設定