シールモードへの切り替え

このページで

    Veeam Backup & Replicationではオブジェクトストレージリポジトリをシールモードにすることができます。

    オブジェクトストレージを封印すると、保持ポリシーを適用して、これらのストレージに配置されているデータを段階的に削除できます。この機能は、一部のオブジェクトストレージのバックアップリポジトリとしての使用を正常に停止し、これらをスケールアウトバックアップリポジトリ構成から完全に除外するために使用できます。

    オブジェクトストレージが封印されると、Veeam Backup & Replicationでは封印されたストレージへのデータ転送が制限され、「シールモードの制限事項」に記載されている操作のみを実行できるようになります。

    指定された保持期間を過ぎたリストアポイントはすべて、それ以降に行われるバックアップセッションで封印済みオブジェクトストレージから継続的に削除されます。「保持ポリシー」を参照してください。

    以下の点を考慮してください。

    • オブジェクトストレージリポジトリは、スケールアウトバックアップリポジトリのメンバーである場合にのみ、シールモードにすることができます。

    オブジェクトストレージリポジトリがスケールアウトバックアップリポジトリの一部として追加された場合は、[Seal Extent]オプションは利用できなくなります。

    • オブジェクトストレージリポジトリは、同時にメンテナンスモードとシールモードにすることができます。

    両方のモードが適用されると、メンテナンスモードの制限事項シールモードの制限事項より優先されます。

    オブジェクトストレージリポジトリをシールモードにするには、次の手順を実行します。

    1. [Backup Infrastructure]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[ Backup Repositories]ノードを選択します。
    3. 作業領域で、オブジェクトストレージリポジトリを選択してリボンの[Seal Extent]をクリックするか、オブジェクトストレージリポジトリを右クリックして[Seal extent]を選択します。

    エクステントをシールモードから削除するには、エクステントを選択してリボンの[Sealed]をクリックするか、エクステントを右クリックして[Sealed]を選択します

    シールモードへの切り替え

    このセクションの内容

    シールモードの制限