アプリケーション認識処理

このページで

    VSS対応のアプリケーションを実行しているVMをVMコピージョブに追加する場合、アプリケーション認識処理を有効にして、トランザクションレベルの整合性を持つVMコピーを作成できます。トランザクションレベルの整合性を持つVMコピーでは、VM上のアプリケーションがデータを消失せずに適切にリカバーされることが保証されます。

    アプリケーション認識処理を有効にするには、次の手順を実行します。

    1. [Enable application-aware processing]チェックボックスを選択します。
    2. [Applications]をクリックします。
    3. 表示されるリストでVMを選択し、[Edit]をクリックします。

    VMコンテナの一部として追加されているVMにカスタム設定を定義する場合は、スタンドアロンのオブジェクトとしてそのVMをリストに追加する必要があります。それには、[Add]をクリックして、設定をカスタマイズするVMを選択します。続いてリストからVMを選択して必要な設定を定義します。

    1. [General]タブの[Applications]セクションで、VSSの動作シナリオを次のようにして指定します。
    • [Require successful processing]を選択すると、VSSエラーが発生したときにVeeam Backup & ReplicationがVMコピープロセスを停止します。
    • [Try application processing, but ignore failures]を選択すると、VSSエラーが発生してもVMコピープロセスを継続します。このオプションは、ジョブの完了を保証したい場合にお勧めします。作成されたVMイメージはトランザクションレベルの整合性ではなく、クラッシュ整合性を維持します。
    • VMの静止点作成機能を有効にしないようにするには、[Disable application processing]を選択します。
    1. [Microsoft Exchange、Microsoft SQL、およびOracleのVMの場合] [Transaction logs]セクションで、Veeam Backup & Replicationがトランザクションログを処理する必要があるか、「コピーのみ」のVMコピーを作成する必要があるかを指定します。
    1. [Process transaction logs with this job]を選択すると、Veeam Backup & Replicationはトランザクション・ログを処理します。

    [Microsoft Exchange VMの場合] このオプションを選択すると、VMゲストOS上で実行される非永続的実行時コンポーネントまたは永続的コンポーネントは、VMコピージョブが正常に完了するまで待機し、続いてトランザクションログの切り捨てを実行します。VMコピージョブが失敗すると、非永続的実行時コンポーネントまたは永続的コンポーネントが次に開始されるまで、ログはVMゲストOS上でそのまま保持されます。

    [Microsoft SQL Server VMおよびOracle VMの場合] [VM Processing Settings]ウィンドウの[SQL]および[Oracle]タブで、トランザクションログ処理の設定を指定する必要があります。詳細については、「トランザクションログ設定:Microsoft SQL」および「トランザクションログ設定:Oracle」を参照してください。

    1. 別のバックアップツールを使用してVMゲストレベルのバックアップまたはレプリケーションを実行する場合は[Perform copy only]を選択します。このツールは、データベース状態の整合性を維持します。Veeam Backup & Replicationでは選択したVMで「コピーのみ」のVMイメージを作成します。「コピーのみ」のVMイメージでは、VM上のフル/差分バックアップファイルやトランザクションログのチェーンが維持されます。詳細については、Microsoftのドキュメントを参照してください。
    1. [Persistent guest agent]セクションで、Veeam Backup & Replicationでアプリケーション認識処理のために各保護対象VM上で永続ゲストエージェントを使用する必要があるかどうかを指定します。

    デフォルトでは、Veeam Backup & Replicationは非永続的実行時コンポーネントを使用します。Veeam Backup & Replicationは、バックアップジョブが開始されると各保護対象VMに実行時コンポーネントを導入し、バックアップジョブが終了するとすぐに実行時コンポーネントを削除します。

    ゲスト処理で永続的エージェントコンポーネントを有効にするには、[Use persistent guest agent]チェックボックスを選択します。詳細については、「非永続的実行時コンポーネントと永続的エージェントコンポーネント」を参照してください。

    アプリケーション認識処理