ヘルパーアプライアンスの構成

このページで

    ヘルパー・アプライアンスは、Veeam Backup & Replicationの要求により、LinuxマシンをMicrosoft Azureに復元します。ヘルパー・アプライアンスは、Veeam Backup & Replicationにより登録される、Microsoft Azure内の小さな補助VMです。復元処理時に、Veeam Backup & Replicationは復元されたマシンのディスクをヘルパー・アプライアンスにマウントして、これらのディスクを復元に向けて準備します。

    Linuxマシンのリストア先として予定している場所にヘルパーアプライアンスを構成する必要があります。さまざまな場所にLinuxマシンをリストアする場合、それぞれの場所に1つずつ、複数のアプライアンスを構成する必要があります。

    次の点にご注意ください。

    • ヘルパーアプライアンスは永続的です。設定されたアプライアンスは、リストアプロセスを開始するまで、Microsoft Azure内に電源オフ状態のまま残されます。Microsoft Azureは、ストレージアカウント内のヘルパーアプライアンスディスクの保存の分を課金します。
    • すべてのヘルパー・アプライアンスと連携するために、Veeam Backup & Replicationは組み込みの資格情報レコードを使用します。セキュリティ上の理由で、ヘルパーアプライアンスを設定する前に、このアカウントのパスワードを変更することをお勧めします。詳細については、「ヘルパーアプライアンスのログイン情報の変更」を参照してください。

    ヘルパーアプライアンスを構成するには、次の手順を実行します。

    1. メインメニューで、[Manage Cloud Credentials]を選択します。
    2. [Manage Cloud Credentials]ウィンドウで[Add]をクリックします。既存のアカウントを編集する場合は、リストでそれを選択して[Edit]をクリックします。

    ヘルパーアプライアンスの構成 

    1. ウィザードの[Deployment Model]のステップで、任意の展開モデルを選択します。

    ヘルパーアプライアンスの構成 

    1. ウィザードの[Subscription]のステップで、[Enable restore of Linux-based computers]チェックボックスを選択します。

    ヘルパーアプライアンスの構成 

    1. ウィザードの[Helper Appliance]のステップで、ヘルパーアプライアンスの設定を構成します。
    1. [Helper appliances]リストの右側の[Add]をクリックします。
    2. [Subscription]リストから、ヘルパーアプライアンスを構成するためにリソースを使用するサブスクリプションを選択します。サブスクリプションリストには、Microsoft Azureユーザーアカウントに関連付けられているすべてのサブスクリプションが含まれます。
    3. [Location]リストから、ヘルパーアプライアンスを構成する場所を選択します。サブスクリプションの少なくとも1つのストレージアカウントが関連付けられている地域を選択していることを確認します。
    4. [Storage account]リストから、ヘルパーアプライアンスのディスクを格納するためにリソースを使用するストレージアカウントを選択します。

    ヘルパーアプライアンスの構成 注:

    ヘルパーアプライアンスのZRSまたはGZRSレプリケーションオプションでストレージアカウントを使用することはできません。詳細については、Microsoftのドキュメントを参照してください。

    1. [オプション] Veeam Backup & Replicationで新しいリソースグループを作成しない場合は、[Choose]をクリックします。
    2. [Virtual network]リストから、ヘルパーアプライアンスを接続する必要があるネットワークを選択します。
    3. [Subnet]リストから、ヘルパーアプライアンスのサブネットを選択します。
    4. [SSH port]フィールドで、Veeam Backup & Replicationがヘルパー・アプライアンスと通信するポートを指定します。デフォルトでは、ポート22が使用されます。
    5. [OK]をクリックします。

    ヘルパーアプライアンスの構成 

    1. Linuxマシンのリストア先となるすべての場所でaiのステップを繰り返し、[Next]をクリックします。
    2. ウィザードの[Deploy]のステップで、Veeam Backup & ReplicationがMicrosoft Azureにヘルパー・アプライアンスを構成するのを待機します。Microsoft Azure内の必要な場所にLinuxマシンのリストアを開始するまで、アプライアンスは電源オフのままです。

    ヘルパーアプライアンスの構成 

    1. ウィザードの[Summary]のステップでサマリー情報を確認し、[Finish]をクリックしてウィザードを閉じます。

    ヘルパーアプライアンスの構成 

    関連トピック