クイックバックアップの実行

このページで

    1つまたは複数のVM用のアドホック増分バックアップであるクイックバックアップを作成し、バックアップリポジトリのバックアップチェーンに追加できます。クイックバックアップは、バックアップジョブ内の1つまたは複数のVMの追加のリストアポイントを作成する必要があり、新しいジョブを構成したり、既存のジョブを変更したりしたくない場合に有益です。

    クイックバックアップは、次の要件を満たしたVMに対して実行できます。

    1. VMを処理するバックアップジョブがバックアップサーバー上にあること。
    2. VM用のフルバックアップファイルが、バックアップインフラストラクチャ内で構成されたバックアップリポジトリにあること。

    クイックバックアップを実行するには、次の手順を実行します。

    1. [Inventory]ビューを開きます。
    2. インフラストラクチャツリーで、バックアップするVMが格納されているホストまたはVMコンテナ (ホスト、クラスター、フォルダ、リソースプール、VirtualApp、データストア、タグのいずれか) を選択します。
    3. 作業領域で、該当するVMを選択してリボンの[Quick Backup]をクリックします。VMを右クリックして[Quick Backup]を選択することもできます。

    Veeam Backup & Replicationによりバックアップジョブが開始され、選択したVMの増分リストアポイントが新しく作成されます。実行中のクイックバックアップタスクの詳細がジョブセッションウィンドウに表示されます。

    クリックして拡大