スクリプト設定

このページで

    ファイル共有バックアップジョブの前または後にカスタムスクリプトを実行するように構成できます。たとえば、ジョブの実行前にVSSスナップショットを取ったり、ジョブの完了後にVSSスナップショットを削除したりするスクリプトを構成できます。

    バックアップジョブのスクリプト設定を指定するには、次の手順を実行します。

    1. ウィザードの[Storage]ステップで、[Advanced]をクリックします。
    2. [Scripts]タブをクリックします。
    3. カスタムスクリプトを実行する場合、[Run the following script before the job]および[Run the following script after the job]チェックボックスをオンにし、[Browse]をクリックして、バックアップサーバー上のローカルフォルダから実行可能ファイルを選択します。スクリプトがバックアップサーバー上で実行されます。

    いくつかのバックアップセッション後や任意の曜日に、バックアップ前および後のアクションを実行するように選択できます。

    • [Run scripts every <N> backup session]オプションを選択する場合は、スクリプトを実行するまでに必要なバックアップジョブセッションの数を指定します。
    • [Run scripts on the selected days only]オプションを選択する場合は、[Days]をクリックして、スクリプトを実行する必要がある曜日を指定します。

    スクリプト設定